2011年04月08日

東日本大震災 自粛は2次災害 日光などの観光業者悲鳴

東日本大震災 自粛は2次災害 日光などの観光業者悲鳴毎日新聞 4月8日(金)14時9分配信

東照宮に続く表参道。震災後に観光客が激減し、人影はまばらだ=栃木県日光市で2011年4月7日

 世界遺産「日光の社寺」や温泉など、国内屈指の観光地として知られる栃木県日光市。東日本大震災では大きな被害はなかったものの、直後からホテル・旅館のキャンセルが相次ぎ、街は“自粛ムード”に沈んでいる。隣接する福島県で起きた原発事故も追い打ちとなり、関係者の間からは「2次災害だ」との悲鳴が上がっている。【浅見茂晴】

 「全く人が動かない。こんなピンチは初めて。昭和天皇の大喪の礼(89年)の時にもなかった」。日光観光協会の新井俊一会長(62)は危機感をあらわにした。

 日光東照宮によると、震災翌日の3月12日から同31日までの東照宮の入場者数は、前年同期比で実に95%減の計約5000人。過去に例がない落ち込みとなっており、13日から始まる予定だった日光二荒山(ふたらさん)神社の「弥生祭」に加え、徳川家康ゆかりの「百物揃(ひゃくものぞろえ)千人行列」(5月)の中止も決まった。

 新井会長が経営する旅館「鶴亀大吉」(客室数28)も、震災前は稼働率が90%から満室に近かったが、今は10%程度。キャンセルの理由の大半が、福島第1原発事故の影響を懸念したものだという。

 特に外国人観光客が深刻だ。中禅寺湖畔にある「日光レークサイドホテル」によると、フランスやイタリアなど欧州からのツアー客が、各国政府の渡航自粛要請を受け予約を相次いでキャンセル。5月以降は「ぽつぽつ予約が入り始めている」(同ホテル)が、予断を許さない。

 こうした事態を受け、県内六つの観光協会は先月30日、対策を求める要望書を県に提出。福田富一知事は今月5日、「とちぎ観光安全宣言」を発表した。

 世界遺産地区と奥日光は6月から、修学旅行シーズンを迎える。観光協会は放射線測定器を購入して独自に放射線量を測定。ホームページで公開して安全性をアピールする予定だ。

 ■鬼怒川・川治温泉

 大型ホテルや旅館が集まり、計約4000室、2万人の収容能力がある鬼怒川・川治温泉。バブル崩壊に続き、地元の足利銀行破綻(03年)やリーマン・ショック(08年)など幾度も危機を乗り越えてきたが、あるホテルの幹部は「今度は半端じゃない。足銀破綻以上の影響」と声を落とす。

 このホテルも稼働率は10%程度。震災からの1カ月分だけで、約5700人の宿泊がキャンセルされた。パートを含め従業員約100人は、ワークシェアリングでしのいでいる状況だ。幹部は「まだ減るかもしれない。5月の予約も3日間で500人のキャンセルがあったばかり」と嘆く。

 ■湯西川温泉

 福島県境に近く、16軒の温泉宿が肩を寄せ合う湯西川温泉。創業345年の老舗旅館「本家伴久(ばんきゅう)」も例外ではない。45室、150人を収容できるが、すでに3、4月の予約をすべてキャンセルされ、今月28日まで休業中だ。5月からの予約客から確認の電話が入ると「大丈夫です」と懸命につなぎ留めている。

 それでも、24代目の大女将(おかみ)、伴玉枝さん(77)は「小学6年で迎えた敗戦、旅館が全焼したことに比べれば、大したことはない」と意気軒高だ。

 伴久旅館では、料金を一律で1人1万3000円(1泊2食)に設定し、1000円を被災地への義援金に充てるプランを作成。ダイレクトメールなどで会員4800人に知らせている。従業員30人の雇用も維持する。

 「ピンチはチャンス。こういう時こそトップがしっかりしなきゃ」

汚染水、外部機関で分析へ=1〜4号のタービン建屋―福島第1原発・東電
4人死亡、140人けが=東北260万戸で停電―7日夜の地震・東日本大震災
<東日本大震災>女川原発、建屋で汚染水漏れ 7日の余震で


死亡・行方不明で35万円=原発事故避難者も対象―震災義援金の1次配分

死亡・行方不明で35万円=原発事故避難者も対象―震災義援金の1次配分時事通信 4月8日(金)15時41分配信

 東日本大震災で全国から日本赤十字社と中央共同募金会に寄せられた義援金計約1300億円について、有識者委員会(会長・堀田力さわやか福祉財団理事長)が8日、厚生労働省で開かれ、死者・行方不明者の遺族、全半壊・全半焼の住宅被害者、福島第1原発事故による避難者を第1次配分の対象とすることを決めた。

 委員らは「当面の生活支援のため一刻も早く義援金を配るべきだ」との意見で一致。被災状況の調査に時間を要しない人たちに絞り、被害の全容判明を待たずに配分することとした。

 対象地域は15都道県で、死亡・行方不明者1人につき35万円を遺族に配る。住宅被害は全壊・全焼が1戸当たり35万円、半壊・半焼が同18万円。

 原発事故で避難指示や屋内退避指示を受けた住民は「原発事故は人災だが家に住めない状況は全壊と同じ」とし、1世帯当たり35万円とした。

 阪神大震災の時を参考に、外国人や旅行者も対象に加え、余震による被災者にも配分する。遺族の定義は2親等以内とする方針だ。

 厚労省の試算では、警察庁などが現時点で把握する状況を基にした場合、配分総額は500億円だが、航空写真などから推測される住宅被害を考慮すると最大で2100億円程度に上るという。

 両団体に集まった義援金は、6日時点で1283億8000万円のため、堀田会長は「最終的に不足が生じると不公平になってしまう」と述べ、さらなる募金協力を両団体に求めた。

4人死亡、140人けが=東北260万戸で停電―7日夜の地震・東日本大震災

2011年04月07日

<東日本大震災>「2階で避難生活」20人 宮城・女川町

<東日本大震災>「2階で避難生活」20人 宮城・女川町毎日新聞 4月7日(木)11時35分配信

 東日本大震災による津波に襲われた宮城県女川町の山あいの地区に、かろうじて1階だけの被害にとどまった民家で「2階避難生活」を送っている被災者が20人ほどいる。持病があり避難所での生活が困難▽防犯のためなど理由はさまざま。町の復興はおろか、仮設住宅へ入れる見通しも立たぬ中、この地で暮らしていけるのか、心揺れる日々が続く。

 約120世帯、300人が暮らしていた同町女川浜日蕨(ひわらび)とその周辺。津波は、約2キロ離れた女川湾から女川に沿って駆け上がり、自治会長の青砥(あおと)祐信(すけのぶ)さん(69)によると、自治会で生存が確認できたのは約80人。4週間近くたった今も、水産物が放つ腐敗臭の中で行方不明者捜索が続く。

 津波による浸水が、1階部分だけで済んだ民家は上流部分の10戸ほど。その半数で、約20人が暮らしている。電気、ガス、水道は無く、どこも軒先で火をおこし、煮炊きをする生活だ。

 新聞販売店従業員、遠藤裕子さん(54)は築30年の木造住宅2階の8畳間で、地震発生直後に避難してきた友人家族と8人で生活している。身を寄せた小田島真由美さん(45)はぜんそく、その長女綾花さん(21)が震災の約1カ月前に凜花ちゃんを出産したばかりで、大勢がいる避難所には行けなかったという。

 灯油ストーブで部屋を暖め、マスクをして注意していたが、真由美さんはぜんそくが悪化して一時入院。凜花ちゃんも気管支炎で通院した。それでも真由美さんは「せっかくつないだ命。助からなかった人の分もたくましく生きたい」と前向きに話す。

 流れてきた漁業用のプラスチックケース(縦1メートル、横2メートル)をベビーサークル代わりに軒先に置いた。散乱するガラスを踏まないためだ。中では綾花さんの長男拓人君(2)が元気に遊ぶ。

 近所に住んでいたおじが津波にのまれ行方不明のままの植木敬太さん(26)は自宅2階に寝泊まりしている。町内の避難所にいる船員、父玉雄さん(60)が「被災住宅から衣類、鍋や釜までとられると聞く」と、用心のため住まわせたからだ。玉雄さんも「仮設住宅に入居できなければ、自宅しかない」と昼は戻り、がれきが入り込んだ1階の片づけを続ける。しかし、先の暮らしを尋ねると、「見えない……」とうつむいた。

 「何もかも無くなった人のことを思えばましな方」と、妻、息子と自宅2階に住む鈴木正祐さん(66)は、集めた廃材で屋外にトイレを作った。「水産業の女川町が復興するには10年以上かかるのではないか。別の土地に家を借りて暮らそうか」。思い悩んでいる。【土本匡孝】

<東日本大震災>両陛下が8日、避難所を訪問 埼玉・加須
死者、行方不明者2万7343人に(7日午前10時現在)警察庁

桑田が動く、福山らアミューズ総勢50人超が支援曲 サザンも約2年半ぶりに集結

義援金と支援金の違い 義援金は届くまで1年以上のことも

義援金と支援金の違い 義援金は届くまで1年以上のこともNEWS ポストセブン 4月4日(月)16時5分配信

 日本国内はもちろん海外からも続々と被災地へ寄せられている寄付金。その寄付金のなかには、義援金支援金のふたつがあるが、その違いは?

 義援金は通常、複数の法律を組み合わせて解釈すると、日本赤十字社と、赤い羽根で知られる中央共同募金会のふたつで使われるとされる。街頭募金や企業、団体等を通して集められた義援金は赤十字社に送られ、総額が被災者に平等に分配されることになっている。公平さの一方で、こんなデメリットも。

義援金は各自治体の被災者数や被害状況をきちんと調査して分配されるため、最終的に被災者の手元に届くまでに時間がかかります。阪神・淡路大震災の際にも、分配までに数か月かかってしまいました」(市民福祉団体全国協議会専務理事・田中尚輝氏)。今回の震災では、被災人数が多いため、調査に手間取り、被災者の手元に義援金が届くまで1年以上かかる可能性も考えられる。

 一方、支援金とは、被災者支援のために活動するNPOやボランティア団体へ贈られるお金のこと。たとえばユニセフに支援金を送った場合、今回の震災では幼児用下着など支援物資の購入に充てられ、被災地に届けられる。「送ったお金は、即、支援活動に使われることが多いのですが、団体によって使い道が異なります」(前出・田中氏)

 子供支援に使われるのか、老人介護に役立つのかなど、活動内容を明らかにしている団体を選んだほうがよい。

※女性セブン2011年4月14日号

福島第1原発 低濃度汚染水、海に放出 1万1500トン
東日本大震災」死者、行方不明者合わせ2万7664人

)「てっぱん」平均視聴率17・2% 震災後「ゲゲゲ」の最高に並ぶ

)尽きた食料…信頼の分配、助け合う自宅避難民 宮城・南三陸町

2011年04月06日

東電に天下り年収1860万円の元原発官僚 ただいま雲隠れ中

東電に天下り年収1860万円の元原発官僚 ただいま雲隠れ中NEWS ポストセブン 4月6日(水)7時7分配信

 原発事故が深刻化する中で雲隠れした原発官僚がいる。今年1月に資源エネルギー庁長官から東京電力の顧問に天下った石田徹氏だ。

 東電は「個人情報だから」との理由で報酬を明らかにしていないが、「天下りの不文律として、退官直前と同額程度(年収約1860万円)が払われている」(経産省幹部)とされる。しかも、「ほとぼりが冷めた頃に副社長に昇格する予定」(東電関係者)という。
 
 その動静は一切出てこない。経産省中堅が明かす。

「石田さんが表立って動くと、経産省は“天下りがいるから東電に甘い”と批判されかねない。そこで、石田さんは経産省の上層部に電話し、東電の首脳に経産省の意向を伝える連絡役に徹している。石田さんの役割は、東電の支払う賠償額を出来るだけ減らすことにある」

 東電の経営が傾けば、経産省は特Aクラスの天下り先を失う。石田氏と経産省の関心はそこにしかないのか。

 経産省を中心に政府が拠出する原子力予算は年間約8370億円(2011年度概算要求額)。そこに原子力安全基盤機構、日本原子力文化振興財団など数多くの天下り法人もぶら下がっている。現役・OBを問わず原発官僚の責任も厳しく追及されるべきだ。

※週刊ポスト2011年4月15日号

)関ジャニ∞、今年の『24時間TV』メインパーソナリティー決定

2011年04月04日

日本で公表されない気象庁の放射性物質拡散予測

日本で公表されない気象庁の放射性物質拡散予測読売新聞 4月4日(月)14時30分配信

 東京電力福島第一原子力発電所の事故で、気象庁が同原発から出た放射性物質の拡散予測を連日行っているにもかかわらず、政府が公開していないことが4日、明らかになった。

 ドイツやノルウェーなど欧州の一部の国の気象機関は日本の気象庁などの観測データに基づいて独自に予測し、放射性物質が拡散する様子を連日、天気予報サイトで公開している。日本政府が公開しないことについて内外の専門家からは批判が上がっており、政府の原発事故に関する情報開示の在り方が改めて問われている。

 気象庁の予測は、国際原子力機関IAEA)の要請に基づくもの。国境を越える放射性物質汚染が心配されるときに、各国の気象機関が協力して拡散予測を行う。

 同庁では、東日本大震災当日の3月11日から毎日1〜2回、拡散予測を計算している。具体的には、IAEAから送られてきた放射性物質の放出開始時間や継続期間、どれくらいの高さまで上ったかを、風向きや天候など同庁の観測データを加えた上で、スーパーコンピューターに入力し、放射性物質の飛ぶ方向や広がりを予測している。 最終更新:4月4日(月)14時30分


福島第1原発 低濃度汚染水、海に放出 1万1500トン
東日本大震災」死者、行方不明者合わせ2万7664人

)「てっぱん」平均視聴率17・2% 震災後「ゲゲゲ」の最高に並ぶ

)尽きた食料…信頼の分配、助け合う自宅避難民 宮城・南三陸町

尽きた食料…信頼の分配、助け合う自宅避難民 宮城・南三陸町

尽きた食料…信頼の分配、助け合う自宅避難民 宮城・南三陸町産経新聞 4月4日(月)11時1分配信

避難所から分けてもらった食料品を受け取る住民たち=南三陸町志津川大森

 東日本大震災から3週間余りがたった被災地では、避難所に物資が行き渡り始める一方、大津波の直撃を免れた自宅で暮らす「自宅避難民」への支援が課題となっている。避難所暮らしの人よりも物資が不足しているケースもある。壊滅的な被害を受けた宮城県南三陸町で、高台にあったために建物の損壊を免れた集落では、住民たちが厳しい生活環境の中、助け合いながら自宅避難生活を続けていた。(田中一世)

やっぱり寂しいね」避難する南三陸町住民を乗せたバスを見送るお年寄り

 南三陸町中心部から約1キロ、がれきに囲まれた道を進んで高台に上がると、外見上は被災の痕跡を感じさせない「志津川大森地区」の住宅街に出る。62世帯268人が今も暮らしているが、電気、ガス、水道はストップしたままだ。

 毎日、午前10時過ぎ、集落の広場に続々と住民が集まり、すぐに70人以上が行列となる。そこに、同地区の区長を務める三浦友昭さん(62)の軽トラックが到着。住民数人が手早く荷台から段ボールを降ろす。三浦さんが約2キロ離れた避難所に連日通い、“おすそ分け”してもらっている食料だ。

 「じゃあ配るぞ。きょうはおかずはついてないけど、トイレットペーパーをもらってきた」。三浦さんの言葉に拍手がわいた。この日の食料は、住民1人につき、お湯をかけるだけで食べられる保存用のご飯のパックが1つ。それが、集落の住民がこの日に受け取った“支援”だ。

 住民らは、争うことなく、順番に家族の人数を申告し、その分を持って帰る。三浦さんは言う。「嘘の申告なんてないよ。集落自体が、避難所みたいなもんだから。みんなで助け合い、信頼しているのさ」。ほぼ人数分しかない物資が、住民全員に行き渡らなかったことはない。

 主婦の佐々木宣子さん(72)は「家の食料は底をついたし、街が無くなっちゃったから買い物もできない。これが私らの命綱ね」。先月11日の大津波は、海抜約30メートルの集落にも迫った。津波にのまれて犠牲になった住民も3人いたが、住宅は大半が無事だった。

 地震から5日ほどたったころ、電気が止まっているために冷蔵庫の食品が腐り、食料が尽きた家庭が相次いだ。そこで、三浦さんは町役場に「住民の食料をもらえねえか」と直談判した。すると「申し訳ないが、1日1回だけ取りに来るという条件なら可能だ」という答えが返ってきた。

 自宅暮らしとはいえ、水道が使えないので洗濯もできない。体調を崩したら、医師がいる避難所まで行かなければいけない。だが、三浦良美さん(78)は「自分の家に住めるというだけ、まだ幸せ」と話す。

 同地区には最近になって、たまにボランティアが差し入れに訪れる。だが、避難所のように世話係の自治体職員が常駐しているわけでもない。同町の担当者によると、こういった自宅避難民の数は、正確には把握できておらず、「避難所に比べ、物資が届く仕組みができていないのが実情だ」。

福島第1原発 低濃度汚染水、海に放出 1万1500トン
東日本大震災」死者、行方不明者合わせ2万7664人

)「てっぱん」平均視聴率17・2% 震災後「ゲゲゲ」の最高に並ぶ

2011年04月03日

おにぎりだけ、片やバーベキュー…広がる支援“格差”

おにぎりだけ、片やバーベキュー…広がる支援“格差”

東日本大震災で、被災者への支援の“格差”が深刻化している。支援物資が余る避難所がある一方、飲み水も足りず、おにぎりだけで耐える被災者もいる。食料が不十分なのに不必要な物資が届くアンバランスも出始めている。震災から3週間以上が経過し、自治体や支援グループは格差解消という課題に直面している。(荒船清太)

津波で壊滅的被害を受けた宮城県石巻市の牡鹿半島で、周辺住民80人の避難所となっている自動車整備会社の敷地では、宇都宮市のボランティアの手でバーベキューが振る舞われた。「やきそばの屋台も出て酒も振る舞われました。子供たちも大はしゃぎでした」(男性被災者)

 その後も他の民間団体が支援に訪れたため、食料は十分だといい、避難所をとりまとめる同社社長(60)は「食べ物はなるべく他の集落の人も呼んで分けています」と説明する。

 近くの自宅にとどまる阿部正美さん(53)も1度バーベキューの肉を分けてもらった。ただ、「あちらは家が全壊。こちらは残っている。毎日、もらいに行くのも…」と話し、同日以降、この避難所には足を運んでいない。

 「魚は必ず自分で取ってくる漁師のプライドがあるから、なかなか欲しい物資も言ってくれない」。牡鹿半島出身でNPO法人「フェアトレード東北」代表の布施龍一さん(35)はこう指摘する。布施さんは石巻専修大の李東勲(イドンフン)准教授(40)と孤立被災者への物資支援を続けている。

 「物資は足りている」と断られた被災者宅に通い、3日目に飲料水すら底をつき始めたことを聞き出したこともあった。先月下旬には、たくあんとおにぎりで過ごす2人暮らしの老夫婦を見つけた。市からおにぎり以外に配給されていた支援物資の中には、赤ちゃん用のオムツが入っていた。

 李准教授は「被災地に物資は届き始めても、そこから先の被災者への分配は必ずしもうまくいってない。支援団体間の情報共有も課題だ」と説明。「物資が足りない」と言われて翌日行くと別の団体から届いていることもよくあるという。

 布施さんは「ガソリン不足で車を自由に使えなかったり、続く余震で道路が崩れたりする中、物資が十分届いていない場所はまだあるはずだ」とみており、今後も孤立した避難先がないか山間部に至るまで巡回を続ける予定だ。

死者1万2千人超 行方不明合わせ2万7639人に 3日午後8時現在 警察庁
福島県の野菜モニタリング 全品で安全性確認

ジャニーズ募金イベントに計39万人

東日本大震災 県外避難者、受け入れ自治体で待遇差…群馬

東日本大震災 県外避難者、受け入れ自治体で待遇差…群馬毎日新聞 4月2日(土)11時31分配信

前橋市の「しきしま老人福祉センター」では被災者が大広間で生活した=2011年3月22日

 福島県を中心に約3400人の避難者を受け入れている群馬県では、自治体によって避難者の待遇に差が生まれている。大震災で観光地の予約キャンセルが相次いだ自治体は、温泉旅館などに無料で被災者を受け入れる一方、都市部の公共施設に避難した場合、3食とも自費の場合も。収入の途絶えた避難者にとって、避難中の出費は重くのしかかる。【角田直哉、庄司哲也】

 福島第1原発の事故で約7万人が散り散りになった福島県南相馬市。農業を営む今村秀紀さん(70)の自宅は、国が自主避難を要請した30キロ圏からわずか1キロ外だ。今村さんと妻和子さん(70)は地震発生の約1週間後、親類を頼って前橋市内に避難し、前橋市が用意した公共施設「しきしま老人福祉センター」に移った。

 センターは食事が出ず、炊事場もないため、コンビニエンスストアやスーパーで弁当などを買って食いつなぐ日々。地域住民が朝、おにぎりとみそ汁の炊き出しをしてくれるようになってからは、このおにぎりを昼食用に残して節約した。

 そのセンターも3月31日が滞在期限。前橋市は長期滞在が見込まれる被災者に市営住宅に移るよう勧めている。今村さんは「自宅の様子が心配だ」と南相馬市に戻り、和子さんだけが市営住宅に移った。今後は蓄えを取り崩して生活するほかない。それでも和子さんはセンターを去る際、「風呂に入れて、暖房がある部屋で眠ることができた。本当に良くしてもらい、これ以上は甘えられない」と話し、職員に深々と頭を下げた。

 前橋市はこうした避難者の待遇について「市営住宅は1年間、家賃無料で入居できる。市として最大限の支援をしている」と説明する。

 ◇滞在1カ月だけ

 一方、温泉観光地として名高い草津町にも南相馬市から約250人が避難している。町と草津温泉旅館協同組合が話し合い、温泉街のホテルや旅館の宿泊費は朝夕2食付きで無料。宿泊費は国から補填(ほてん)される見通しだ。

 同市原町区の主婦、上林輝子さん(78)が夫進さん(78)と草津町に到着したのは3月25日。同市が用意した観光バスでたどり着いた。体育館のような場所を想像していたが、温泉旅館の個室をあてがわれ驚いたという。温泉につかり、若手落語家が高座に上がる草津名物「温泉らくご」にも出掛けて、久しぶりに腹の底から笑った。夫婦は一時期、福島市内の温泉旅館に逃れたが、そこでの宿泊費は全て自腹だった。

 草津町によると、ホテルや旅館の宿泊予約のキャンセルが相次ぎ、収容能力に余裕があった時に南相馬市から受け入れ要請があった。温泉街の飲食店は、被災者向けに2〜5割引きのサービスも実施している。「生活が落ち着いた時に、リピーターとして足を運んでくれるかもしれない」(旅館経営者)との期待感もある。

 ただし、無料の滞在期間は1カ月だけ。ゴールデンウイークを控え「経営を維持するためには、一般客を増やさなければならない。客が戻れば、避難者には出て行ってもらうしかない」(同)。

◆ 尾瀬の玄関口として有名な人口約5200人の片品村。約900人の被災者を村の財源を使って無償で受け入れている。滞在先はホテル、旅館、ペンションで食事付き。千明(ちぎら)金造村長は「1カ月たったから出て行ってくださいということにはならない」と明言する。

 全国から支援物資や義援金が送られてきており、国費の補填も見込みながらやりくりする方針だ。千明村長は「福島とは尾瀬でつながっている。困った時はお互い様だ」と話す。

2011年04月02日

称賛の声、声…遼“賞金全額寄付”米で大反響

称賛の声、声…遼“賞金全額寄付”米で大反響スポニチアネックス 4月2日(土)7時2分配信

 7日に開幕するマスターズに出場する石川遼(19=パナソニック)は31日、大雨のためにオーガスタ・ナショナルGCでラウンドを見送り、室内トレーニングなどをこなした。

 2日続けて雨にたたられて静かな調整が続いているが、石川の表明した義援金活動は米ツアーで大きな反響を呼んでいる。ティム・フィンチェム会長は「リョウはこれまでも10代とは思えない成熟ぶりを見せてきたが、今回もそれと同じ立派な行動」と感心。09年プレジデンツ・カップで同じ世界選抜の一員だったジェフ・オギルビーは「19歳でこれだけの考えをもっていることが凄い」と称え、スティーブ・ストリッカーも「リョウがどんな少年であるかの何よりの証明だ」と話した。

 グレーム・マクダウエルもツイッター上で「尊敬の念が一気に高まった」とつぶやくなど、選手の間でも驚きの声が上がっている。
タグ:石川遼

2011年04月01日

東日本大震災 「増産もう無理」 飲料水メーカー悲鳴

東日本大震災 「増産もう無理」 飲料水メーカー悲鳴毎日新聞 3月31日(木)14時9分配信

乳児のいる家庭に緊急支援物資として配るためペットボトル入りの水を準備する区役所の職員ら=東京都の荒川区役所で2011年3月24日、手塚耕一郎撮影

 東日本大震災で飲料水の需要が高まっている。被災地への救援物資に加え、東京都が乳児の水道水摂取を控えるよう呼びかけた(23日。24日に解除)後は被災地以外でもミネラルウオーターの需要が急増。飲料水メーカーは工場のフル稼働を目指すが、計画停電の追い打ちもあって「これ以上は無理」という悲鳴も聞かれる。ミネラルウオーター生産量全国一の山梨県の現場から報告する。【水脇友輔、春増翔太】

【飲料水不足に】放射性物質:水を求め母ら奔走…都水道水ヨウ素検出

 28日午後2時すぎ、南アルプスのふもと、山梨県北杜市白州(はくしゅう)町の「白州ヘルス飲料」の工場内は節電で薄暗かった。同社は日本コカ・コーラ(東京都)のブランド「森の水だより」を生産している。ベルトコンベヤーの上に2リットルペットボトルが流れ続け、品質検査を経て次々と段ボール箱に納められていた。

 白州町は大手メーカーの工場が並ぶ。日本ミネラルウォーター協会(東京都)によると、昨年1年間の全国のミネラルウオーター生産量のうち3割を山梨県内が占める。

 白州ヘルス飲料は、地下約100メートルから取水する。3月からは夏場に備え、通常の年でも毎日2リットルを約2万本生産するフル稼働体制だ。工場長の田上清司さん(57)は悲鳴を上げる。

 「被災地を思うと一本でも多く生産したいのですが、既に24時間稼働。従業員は休日返上です」

 白州町の「道の駅はくしゅう」にも、施設内の湧き水を求めて都心部から客が急増している。

 駅長の山口光茂さん(66)によると、26、27日は約90台収容の駐車場が車で埋まった。水を入れようとポリタンクを抱えた数十人が行列を作った。店頭販売のポリタンクも26日に完売。両日とも「湧き水をくめると聞いたが」との問い合わせが殺到した。山口さんは「夏に問い合わせが相次ぐことはあるが、雪の残る今の時期では考えられない」と驚く。

 28日に訪れた長野県富士見町の会社員、山崎健司さん(53)は「近所の店でも水が消えた」と2リットルボトル約20本を持参。水を入れていた妻(42)は「微量でも放射性物質が検出されれば不安」と話した。

 山梨県小菅村の公営温泉施設「小菅の湯」には震災後、ひっきりなしに電話がかかっている。同施設が地元で採水して販売している「多摩源流水」の注文だ。

 23日に東京都が乳児の水道水摂取を控えるよう呼びかけると、その日のうちに在庫計約600リットルを完売してしまった。28日に震災後に初めて製品化した水3トン分を販売したところ、これも即日完売。通常なら3〜4カ月で売り切れる量という。商品化の委託先の埼玉県の会社も、被災地向けの他社製品生産で手いっぱいといい、担当者は「今後の販売のめどは立っていない」と話す。

 ◇計画停電追い打ち

 急増する需要のほかにも、メーカーに追い打ちをかけている要因がある。計画停電だ。

 白州ヘルス飲料の工場に自家発電の設備はない。一度停電すると、機械を殺菌する必要がある。生産再開に10時間以上を要し、1日の生産量が半減する。田上さんは不安そうだ。「計画停電が夏秋まで続くようだと、従業員がもちません」

 富士山の北麓(ほくろく)にある中小飲料水メーカーは、自社ブランド商品が生産できなくなった。自社ボトルのキャップやラベルの製造を茨城県の会社に発注していたが、この会社が震災で生産停止に追い込まれたためだ。それでも3月の生産量は受託生産でしのぎ、前年同月比1・4倍に増えた。計画停電には夜間操業などで対応しているが、従業員の勤務体制に頭を悩ます。担当者は言った。

 「もっと増産したいが、これ以上は無理です」

死者・行方不明者2万7979人 31日午後3時現在 警察庁
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。