2011年04月07日

<東日本大震災>「2階で避難生活」20人 宮城・女川町

<東日本大震災>「2階で避難生活」20人 宮城・女川町毎日新聞 4月7日(木)11時35分配信

 東日本大震災による津波に襲われた宮城県女川町の山あいの地区に、かろうじて1階だけの被害にとどまった民家で「2階避難生活」を送っている被災者が20人ほどいる。持病があり避難所での生活が困難▽防犯のためなど理由はさまざま。町の復興はおろか、仮設住宅へ入れる見通しも立たぬ中、この地で暮らしていけるのか、心揺れる日々が続く。

 約120世帯、300人が暮らしていた同町女川浜日蕨(ひわらび)とその周辺。津波は、約2キロ離れた女川湾から女川に沿って駆け上がり、自治会長の青砥(あおと)祐信(すけのぶ)さん(69)によると、自治会で生存が確認できたのは約80人。4週間近くたった今も、水産物が放つ腐敗臭の中で行方不明者捜索が続く。

 津波による浸水が、1階部分だけで済んだ民家は上流部分の10戸ほど。その半数で、約20人が暮らしている。電気、ガス、水道は無く、どこも軒先で火をおこし、煮炊きをする生活だ。

 新聞販売店従業員、遠藤裕子さん(54)は築30年の木造住宅2階の8畳間で、地震発生直後に避難してきた友人家族と8人で生活している。身を寄せた小田島真由美さん(45)はぜんそく、その長女綾花さん(21)が震災の約1カ月前に凜花ちゃんを出産したばかりで、大勢がいる避難所には行けなかったという。

 灯油ストーブで部屋を暖め、マスクをして注意していたが、真由美さんはぜんそくが悪化して一時入院。凜花ちゃんも気管支炎で通院した。それでも真由美さんは「せっかくつないだ命。助からなかった人の分もたくましく生きたい」と前向きに話す。

 流れてきた漁業用のプラスチックケース(縦1メートル、横2メートル)をベビーサークル代わりに軒先に置いた。散乱するガラスを踏まないためだ。中では綾花さんの長男拓人君(2)が元気に遊ぶ。

 近所に住んでいたおじが津波にのまれ行方不明のままの植木敬太さん(26)は自宅2階に寝泊まりしている。町内の避難所にいる船員、父玉雄さん(60)が「被災住宅から衣類、鍋や釜までとられると聞く」と、用心のため住まわせたからだ。玉雄さんも「仮設住宅に入居できなければ、自宅しかない」と昼は戻り、がれきが入り込んだ1階の片づけを続ける。しかし、先の暮らしを尋ねると、「見えない……」とうつむいた。

 「何もかも無くなった人のことを思えばましな方」と、妻、息子と自宅2階に住む鈴木正祐さん(66)は、集めた廃材で屋外にトイレを作った。「水産業の女川町が復興するには10年以上かかるのではないか。別の土地に家を借りて暮らそうか」。思い悩んでいる。【土本匡孝】

<東日本大震災>両陛下が8日、避難所を訪問 埼玉・加須
死者、行方不明者2万7343人に(7日午前10時現在)警察庁

桑田が動く、福山らアミューズ総勢50人超が支援曲 サザンも約2年半ぶりに集結


義援金と支援金の違い 義援金は届くまで1年以上のことも

義援金と支援金の違い 義援金は届くまで1年以上のこともNEWS ポストセブン 4月4日(月)16時5分配信

 日本国内はもちろん海外からも続々と被災地へ寄せられている寄付金。その寄付金のなかには、義援金支援金のふたつがあるが、その違いは?

 義援金は通常、複数の法律を組み合わせて解釈すると、日本赤十字社と、赤い羽根で知られる中央共同募金会のふたつで使われるとされる。街頭募金や企業、団体等を通して集められた義援金は赤十字社に送られ、総額が被災者に平等に分配されることになっている。公平さの一方で、こんなデメリットも。

義援金は各自治体の被災者数や被害状況をきちんと調査して分配されるため、最終的に被災者の手元に届くまでに時間がかかります。阪神・淡路大震災の際にも、分配までに数か月かかってしまいました」(市民福祉団体全国協議会専務理事・田中尚輝氏)。今回の震災では、被災人数が多いため、調査に手間取り、被災者の手元に義援金が届くまで1年以上かかる可能性も考えられる。

 一方、支援金とは、被災者支援のために活動するNPOやボランティア団体へ贈られるお金のこと。たとえばユニセフに支援金を送った場合、今回の震災では幼児用下着など支援物資の購入に充てられ、被災地に届けられる。「送ったお金は、即、支援活動に使われることが多いのですが、団体によって使い道が異なります」(前出・田中氏)

 子供支援に使われるのか、老人介護に役立つのかなど、活動内容を明らかにしている団体を選んだほうがよい。

※女性セブン2011年4月14日号

福島第1原発 低濃度汚染水、海に放出 1万1500トン
東日本大震災」死者、行方不明者合わせ2万7664人

)「てっぱん」平均視聴率17・2% 震災後「ゲゲゲ」の最高に並ぶ

)尽きた食料…信頼の分配、助け合う自宅避難民 宮城・南三陸町
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。