2011年06月19日

「父の日」の起源は「母の日」にあった!?

「父の日」の起源は「母の日」にあった!?2011.06.16

毎年6月の第3日曜日は「父の日」。今年は19日ですね。でも、「母の日」に比べると盛り上がりはイマイチ…。

そもそも、「父の日」の起源はなんなのか。今年で30回目を迎えるベスト・ファーザー賞の運営元、日本メンズファッション協会の事務局渉外部・名倉久美さんは言う。

「『母の日』は1908年にアメリカで始まりました。それを知ったワシントン州に住むジョン・ブルース・ドット夫人が『父の日も作ってください』と牧師協会に嘆願したのが発端なんです」

背景には、彼女の父親が男手ひとつで6人の子供たちを育て上げたことに対する感謝があったという。

ちなみに、「母の日」はアメリカで制定された直後に、日本でもキリスト教の教会などでお祝い行事が始まったが、広く一般に広まったのは1937年に森永製菓が全国的に告知したのがきっかけらしい。ならば、「父の日」は?

「1981年に当協会の当時の理事長がニューヨークの国際会議に出席した際、アメリカのファーザーズ・デイ・キャンペーンのすばらしさを知ったんです。彼は帰国後、『日本ファーザーズ・デイ委員会』を設立。翌年から、黄色いリボンキャンペーンやベスト・ファーザー賞授与式を開催するなど、『父の日』の浸透に尽力しました」(名倉さん)

最後に、「母の日」の方が盛り上がる理由も聞いてみた。

「これは推測ですが、『父の日』は『母の日』に比べて、イベントや商業方面への打ち出しが弱いからかもしれません。また、日本では家庭内における“主役”がやはり母親だという一面も大きいでしょう。とはいえ、イクメンブームなどによる父親像の変化で、今後は『父の日』も盛り上がっていくはずです」(同)

ちなみに名倉さん、今年はお父さんに、「前からほしがっていたペッパーミルをあげる予定」とのこと。祝日も大きなイベントもない6月だけに、「父の日」ぐらいは盛り上げてやりましょうか。
(石原たきび)

ベスト・ファーザー賞に杉浦太陽さんら5人


posted by ぴか at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

停電でも消えない信号、全国拡大へ 三洋の蓄電池使用

停電でも消えない信号、全国拡大へ 三洋の蓄電池使用産経新聞 6月19日(日)1時13分配信

三洋電機製の蓄電池を使い、停電でも消えない信号機=徳島市

 停電しても消えない信号が、東日本大震災を受け全国的に広がり始めた。

三洋電機製の蓄電池を使って停電時も数時間動く信号システムを、徳島県警は今年度に10台、青森県警も9台追加して導入する計画だ。停電時も交通の混乱を防げるとして、全国から問い合わせが殺到している。

 パソコンなどに使われる円筒形のリチウムイオン電池312本で構成するシステムを信号機の柱部分に設置。停電時は電池に蓄えた電力で信号を動かす。1台のシステムを交差点に設置すれば、車用信号8機と歩行者用信号8機を2時間30分以上作動できる。三洋と日本信号、徳島県警が共同で開発した。

 徳島県警では今年3月末までに、県内の信号機のある約1500の交差点のうち、30カ所に導入している。これまで「落雷などで停電した際も信号は消えなかった」(交通規制課)という。

 青森県警も今年3月末までに信号機のある約2千の交差点のうち、10カ所に設置。3月に起きた震災の際も「信号が消えずに混乱を避けられた」(交通規制課)といい、9台追加する。

 国内に約20万ある信号機は電力会社が供給する電力を使って動くため、台風や雷などの災害で停電した場合は停止し、渋滞や交通事故を誘発する危険がある。ディーゼル発電機で電源をバックアップする信号もあったが、作動時間や維持管理に課題があった。

 蓄電池なら燃料補給が不要なうえ、維持管理も容易。停電時も瞬時に作動するとあって、全国的に採用が拡大しそうだ。

★★★

東山、佳乃が妊娠「きちんとご報告したい」
<松本人志>観客からの質問にうっすら涙「才能ある人が認められないと……」
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。