2011年07月19日

澤「次は五輪で金メダルを取ることが目標」=なでしこジャパン帰国会見

澤「次は五輪で金メダルを取ることが目標」=なでしこジャパン帰国会見スポーツナビ 7月19日(火)14時34分配信

澤は会見で「世界一の夢をあきらめずにやってよかった」と大会を振り返った【スポーツナビ】

 サッカーの女子ワールドカップ(W杯)で初優勝した日本女子代表(なでしこジャパン)は19日、都内のホテルで帰国会見を行った。

会見には佐々木則夫監督、大会MVPと得点王に輝いたキャプテンの澤穂希をはじめ全21選手が登壇。選手は全員が金メダルを掛け、W杯制覇の喜びを語った。
 以下は、澤(INAC神戸レオネッサ)の会見での冒頭コメント。

「ここまで来るのは長い道のりでしたが、世界一の夢をあきらめずにやってよかったです。皆さんのサポートがあったからこそ優勝できたと思います。今後は日本で女子W杯を開催できたらなと思っています。

(今の気持ちは?)ドイツではあまり実感がなかったんですが、成田に着いて、やっと今日、実感がわいた感じです。メダルは重いですね。代表は18年目なんですけど、ここまでの道のりは長かったですし、世界の金メダルを取るというのは今まで考えられなかったので、すごく重みのある金メダルです。

(これだけのトロフィーを勝ち得た理由は?)みんなの頑張りだと思います。本当にこの大会を通じて、全員が最後まであきらめず、なでしこらしい団結力を発揮できたことが最大の要因ですね。

 ターニングポイントとなった試合はイングランド戦です。結果論ですが、負けてよかったと思います。負けて得られたものがあったし、その反省点をドイツ戦やスウェーデン戦につなげられました。

(代表でのキャリアについて)人間は欲が出るものなので、次は五輪で金メダルを取ることが今の目標です。すぐにいろいろな大会があるので、まずはコンディション作りをしたいですね」

<なでしこジャパン>早朝6時台で視聴率21.8% 最高視聴率は27.7% サッカー女子W杯決勝米国戦

原田芳雄さん死去…アウトローから父親役まで

★★★

澤穂希「優勝するシーンしか想像できなかった」=サッカー女子日本代表
佐々木監督「粘りで勝ち取ったチャンピオンの座」女子ワールドカップ決勝 米国戦後会見
なでしこジャパン、PK戦を制しW杯優勝 アジア勢で初
なでしこ、熟成したチームでスウェーデン凌駕 沢「絶対に金メダル」
なでしこ3発圧勝、初の決勝進出!沢がV王手弾…女子W杯
posted by ぴか at 17:52 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

<なでしこ世界一>各国に驚き…メディアがトップ級の扱い

<なでしこ世界一>各国に驚き…メディアがトップ級の扱い毎日新聞 7月18日(月)21時9分配信

女子W杯決勝で、米国を降し初優勝を決め、トロフィーを掲げて喜ぶ日本イレブン

 ◇欧州「組織力の勝利」

 【ブリュッセル斎藤義彦】サッカー女子ワールドカップ(W杯)での、日本(なでしこジャパン)の初優勝を欧州のメディアは「驚き」(仏ルモンド紙、電子版)をもってトップ級のニュースとして報じた。プレーの正確さや「粘り強さ」を称賛するとともに、東日本大震災を克服しようとする「何か大きな力」(米ゴールキーパー・ソロ)が勝利を呼び込んだとの見方を伝えた。

 開催地ドイツのメディア(電子版)の多くは他の政治、経済ニュースを押しのけて日本の優勝をトップで扱った。フランクフルター・アルゲマイネ紙は、「今大会で最も粘り強いチームの組織力の勝利」とたたえた。南ドイツ新聞は、鋭い縦パスでチャンスを作り出した攻撃を「すし職人の包丁さばきのようにピッチを鋭く切り裂いた」と称賛した。

 一方、英ガーディアン紙は「3月の地震と津波でいまだに動揺している国民に、心の安らぎを与えるという偉大な目標に日本チームは常に動かされていた」と分析。米FWワンバックも「米国以上に日本はチームが勝つことを必要としていた。彼女らは決してあきらめなかった」と話した。

 ◇米国「被災地励ます」

 【オークランド(米カリフォルニア州)小坂大】日本に敗れた米国のメディアも「なでしこ」の奮闘を称賛した。米ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)は「希望と忍耐で数少ない幸運を生かして勝利に酔った日本が被災地を励ました」とたたえ、歓喜に沸く日本の様子にも触れた。

 決勝戦を全米に中継したスポーツ専門局ESPN(同)は敗れた米国の無念に多くのスペースを割きながらも「被災した日本の人々が得た充実感は熱狂的な米国のファンだろうと、だれであろうと感じることはできない」と記述。日本が特別な思いで試合に臨み、優勝が日本国民にとって大きな意味があることに理解を示した。

 オバマ米大統領もツイッター(短文投稿サイト)で途中経過の感想を投稿し続け、試合後は「日本おめでとう」と結んだ。

 ◇中国「美しい奇跡」

 【北京・成沢健一】サッカー・女子ワールドカップ(W杯)でこれまでアジア最高の成績を誇っていた中国だが、国営新華社通信は18日、日本の優勝をさまざまな角度から論評する記事を配信し、「疲れを知らぬ走りと2度追いついた強靱(きょうじん)な精神は女子サッカーの斬新なイメージを打ち立て、アジアの地位を高めた」と称賛した。

 中国は99年の女子W杯で準優勝したものの、その後は低迷が続いている。「中国サッカーへの啓示」と題した論評は「なでしこは世界のサッカーの歴史を書き換えると同時に、中国チームの灯台にもなっている」と表現し、日本の強化策やサッカーを巡る社会環境から中国が学ぶべきことが多いと指摘した。

 また、別の記事は「パワースタイルのチームを相次いで破り、テクニックスタイルのチームとして初の優勝を果たした」と評価し、「美しいサッカーと美しい奇跡は(東日本大震災で)被災した民族に自信をもたらすだろう」と締めくくった。

澤穂希「優勝するシーンしか想像できなかった」=サッカー女子日本代表
佐々木監督「粘りで勝ち取ったチャンピオンの座」女子ワールドカップ決勝 米国戦後会見
なでしこジャパン、PK戦を制しW杯優勝 アジア勢で初
なでしこ、熟成したチームでスウェーデン凌駕 沢「絶対に金メダル」
なでしこ3発圧勝、初の決勝進出!沢がV王手弾…女子W杯
posted by ぴか at 05:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月17日

観客殺到、熱中症も 東北六魂祭に課題残る

観客殺到、熱中症も 東北六魂祭に課題残る日本テレビ系(NNN) 7月16日(土)21時50分配信

 仙台市で16日、東北の代表的な祭りが一堂に会する「東北六魂祭」が開幕した。多くの見物客が会場に詰めかけたため、ねぶたが会場入りできないなど、混乱も見られた。

 東日本大震災に負けない東北の人たちの不屈の魂を発信しようと、初めて開かれた東北六魂祭。16日夕方には、メーンイベントとなるパレードが行われた。しかし、多くの見物客が会場に詰めかけたため、ねぶたが会場入りできなかった他、秋田の竿灯(かんとう)は起こすことができなかった。また、熱中症とみられる症状で体調を崩す人が出るなど混乱も見られ、運営面での課題を残す形となった。

 東北六魂祭は17日も行われる予定だが、実行委員会は「仕切り直してしっかり行いたい」と話している
タグ:東北六魂祭

2011年07月06日

「スケバン刑事」漫画家の和田慎二さん死去

「スケバン刑事」漫画家の和田慎二さん死去読売新聞 7月6日(水)11時19分配信

 「スケバン刑事(デカ)」などの作品で知られる漫画家の和田慎二(わだ・しんじ)さんが5日、死去したことが分かった。

 広島県生まれ。1971年、大学在学中に「別冊マーガレット」の「パパ!」でデビュー。少女コミック誌を中心に活躍し、「超少女明日香」シリーズや「ピグマリオ」など、SFやアクション物で知られた。斉藤由貴さん、南野陽子さんらの主演でテレビドラマ化された「スケバン刑事」は大ヒットした。

 現在は、「ミステリーボニータ」誌で「傀儡(くぐつ)師リン」を連載中だった

★★★

香椎由宇、産休終えて仕事復帰
posted by ぴか at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月02日

節電初日さっそく効果、前日の需要を下回る

節電初日さっそく効果、前日の需要を下回る読売新聞 7月1日(金)21時18分配信

 東京電力東北電力の管内で37年ぶりとなる電力使用制限令が発動された1日、東京電力によると、この日の管内(東京都、関東6県、山梨県、静岡県東部)の最大電力需要は、午後1時台の4170万キロ・ワット(速報値)となり、前日の最大需要を4・8%下回った。

 東京・大手町の最高気温は33・9度と前日を0・3度上回ったが、節電効果が表れた形となった。東北電力管内(東北6県と新潟県)の最大電力需要は995万キロ・ワットで、前日より6・9%低くなった。政府が節電基準とする昨夏のピークより東京電力管内は30・5%、東北電力管内は32・8%低く、目標の15%減を達成した。

 一方、東京電力は同日、今夏の電力供給力見通しの修正を発表し、8月末時点のピーク時供給力の見通しを60万キロ・ワット下方修正して5560万キロ・ワットとした。 最終更新:7月1日(金)21時18分

東電、8月末の供給力を下方修正 予備率わずか1・1%に産経新聞 7月1日(金)16時58分配信

 東京電力は1日、7、8月の電力需給見通しを発表した。5月13日時点では8月末時点の電力供給力を5620万キロワットと見込んでいたが、5560万キロワットに下方修正した。各地で定期検査中の原子炉の運転再開が難しくなっており、他の電力会社からの融通分を除外した。

 夏の最大電力需要見通しである5500万キロワットは上回るものの、供給の余裕度を表す予備率は8月末は1・1%に落ち込む。適正水準の8〜10%を大幅に下回り、電力需給は“綱渡り”が続くことになる。

 一方、7月末の供給力は5680万キロワットと5月時点の5520万キロワットから上方修正した。東日本大震災で被災した火力発電所の復旧を前倒しすることで、供給力を確保する。ただ、8月には柏崎刈羽原発(新潟県)の2基の原子炉が相次いで点検に入るため、供給力は7月を下回る。

<節電>37年ぶり電力使用制限令を発動 東電、東北電管内

熱中症に気をつけましょう
posted by ぴか at 05:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。