2011年11月15日

<天気>札幌で初雪…戦後では最も遅く

朝日新聞がコケにしたキムタク「南極大陸」

<天気>札幌で初雪…戦後では最も遅く毎日新聞 11月14日(月)23時26分配信

 北海道内で14日、上空に寒気が入る冬型の気圧配置が強まり、札幌市で初雪を観測した。昨年より19日、平年より17日遅い。1876年の統計開始以来、1916年、22年と同じ観測史上3番目、戦後では最も遅い初雪となった。

 札幌管区気象台によると、今年は南から張り出した高気圧が強く、10月中下旬の気温が平年より高く推移したため、初雪が遅れていたという。札幌で最も遅い初雪は1890年の11月20日。次いで1886年の11月18日。

 日本気象協会北海道支社によると、15日の札幌の予想最高気温は5度。上空1200〜1300メートル付近に氷点下11度(12月上旬並み)の寒気が入る午後以降は雪が降りやすく、16日朝には積雪もありそうだという。【鈴木勝一、去石信一】
posted by ぴか at 08:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。