2008年07月02日

松岡昌宏「命かけていいのは多部ちゃん」7/12開始「ヤスコとケンジ」

松岡昌宏(31)が1日、都内で、主演する日本テレビ系ドラマ「ヤスコとケンジ」(12日スタート、土曜午後9時)の制作発表に出席した。

 「ヤスコとケンジ」は、アルコさんが05年4月〜06年11月に「別冊マーガレット」(集英社)で連載したラブコメディーが原作。

元暴走族の総長で、今は漫画家という兄(ケンジ=松岡昌宏)を中心に、妹(ヤスコ=多部未華子)への愛情や元レディース総長の女性(エリカ=広末涼子)との恋などを描く。

松岡は妹役の多部未華子(19)がかわいくて仕方ないようで「今、命をかけていいのは、多部ちゃんです。何でも買ってあげたくなる」。将来、多部のような娘ができたり、実際に妹がいたら「門限5時です」などと語った

ケンジに思いを寄せながら素直になれない純の姉エリカ役の広末涼子)もデザイナーの岡沢高宏さんとの離婚後初の連続ドラマ出演
「たんかやメンチを切ったり、般若(はんにゃ)みたいな顔になったりして、事務所からそこまでやらなくてもいいと言われたぐらい、これまでにない演技をしています」と心機一転をアピールしていた。

松岡昌宏「命かけていいのは多部ちゃん」

広末がエリカ様役で女優業再開

<ヤスコとケンジ>広末涼子、心機一転も般若顔で事務所からNG? 制作発表会見

ヤスコとケンジ:「ごくせん」の次は「ヤスケン」 松岡昌宏が2年半ぶり連ドラ主演

多部未華子さん(鹿男あをによし)将来の夢 まだ模索中

鹿男あをによし

ヤスコとケンジ
http://www.ntv.co.jp/yasuken/

ヤスコとケンジ 多部未華子 広末涼子 松岡昌宏
日本テレビ テレビドラマ


posted by ぴか at 08:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。