2008年10月09日

<ノーベル物理学賞>受賞3人の著書、増刷決まる

<ノーベル化学賞>下村脩・米ボストン大名誉教授ら3博士に
物理学賞:益川教授ら日本人3氏に授与


<ノーベル物理学賞>受賞3人の著書、増刷決まる10月8日18時12分配信 毎日新聞

ノーベル物理学賞の受賞が決まった京都産業大理学部の益川敏英教授、高エネルギー加速器研究機構(高エネ研)の小林誠名誉教授、南部陽一郎・米シカゴ大名誉教授

 ノーベル賞を受賞した3人の著書が相次いで増刷されることが決まった。

95年に益川敏英さんの「現代の物質観とアインシュタインの夢」(1260円)を出版した岩波書店は7日夜、緊急に2000部を増刷することを決めた。

「書店から問い合わせが殺到している。1週間で大至急準備したい」と話した。

 南部陽一郎さんと小林誠さんのそれぞれの著書を出版している講談社も8日朝、増刷を決めた。

81年出版の南部さんの「クォーク」(1155円)は2万部、97年出版の小林さんの「消えた反物質」(861円)は1万部を新たに印刷する。

「消えた反物質」の編集を担当した堀越俊一さん(46)は「興味がなかった人にも手にとってほしいが、読み応えは相当あります」と話した。

 書店でも問い合わせや特設コーナー設置の準備に追われている。東京都千代田区の丸善丸の内本店では、午前9時の開店後すぐに、在庫が1冊だけあった南部さんの「クォーク」が売れたという。顧客から問い合わせがあるが、他の受賞者の著作も含めて在庫がなく、増刷を待っているという。理工書の担当者は「取り寄せ次第、特集記事の載った科学雑誌などと合わせて特設コーナーを設けたい」と話している。【石丸整、長野宏美】



posted by ぴか at 06:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ノーベル賞
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。