2008年11月03日

男子ゴルフ 石川、心の葛藤に勝ち初V…常時ファン殺到し

男子ゴルフ 石川、心の葛藤に勝ち初V…常時ファン殺到し11月2日20時54分配信 毎日新聞

優勝を決め、涙を流しながら笑顔を見せる石川=ABCゴルフ倶楽部

 「こんなヘタな自分が、たくさんの人に応援してもらっていいのだろうか」。長い心の葛藤(かっとう)に打ち勝った瞬間だった。兵庫県加東市で2日まで開かれた男子プロゴルフの「マイナビABCチャンピオンシップ」で、プロとしてのツアー初優勝を飾った石川遼選手(17)。ウイニングパットを決めた直後にあふれ出た涙は、表彰式から記者会見まで30分以上にわたって流れ続けた。

 昨年5月、高校1年生のアマチュアとして初めて出場したプロの大会で優勝し、「男子ゴルフ界の救世主」にまつり上げられた。自分を目当てにしたファンがゴルフ場を埋め尽くす中でラウンドする日々。プロ宣言をして臨んだ今季も、その環境は変わらなかった。

 初戦こそ首位タイで最終日を迎え、5位で終えたものの、10月のコカ・コーラ東海クラシックまでは出場15戦で予選落ち8回。プロの壁にはね返され続けた。「みんなが期待するほど、僕はうまくない」。そう言いたくなる時さえあった。その一方で、期待に応えようと懸命に練習を続ける自分がいた。

 「ファンに愛される選手になる」。1年半前の優勝時に語った思いは、今も変わらない。「応援をプレッシャーだと思いたくない」からこそ頑張れた。

 そして、10月中旬ごろから調子が上向き始め、メジャー大会の日本オープン選手権で2位に入った。キャディーの加藤大幸(ひろゆき)さん(25)は「練習量と練習の時の集中力が並外れている。優勝は不思議なことではない」と証言する。

 一方、コーチも務める父勝美さん(51)は「力が(一流プロに)及ばないのはわかっていたけど、逃げずに頑張ったから、神様がご褒美をくれた」と、独特の言い回しで、息子の頑張りをほめた。

 1万2937人ものギャラリーが詰めかけた中、歓喜のガッツポーズをみせた石川選手。世界4大大会の一つ「マスターズで勝つ」という夢に向けて、これからも努力を重ねていく。【濱弘明】

<男子ゴルフ>石川遼がプロツアー初優勝 マイナビABC
男子ゴルフ 石川、心の葛藤に勝ち初V…常時ファン殺到し

遼クン「最高」2位 特攻ドライバー成功
(10/17)遼クン通算イーブンで終了/男子ゴルフ
(10/17)石川、勝負哲学 攻めの姿勢貫く 日本オープンゴルフ


posted by ぴか at 03:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ・石川遼
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。