2008年11月25日

なまらしばれる…20年ぶり北海道で11月「−20度以下」

なまらしばれる…20年ぶり北海道で11月「−20度以下」11月25日10時40分配信 読売新聞

 北海道は25日、地表の熱が上空に逃げる放射冷却現象で、内陸部を中心に今冬一番の厳しい冷え込みとなった。

 下川町で氷点下20・9度、美瑛(びえい)町で同20・8度を観測するなど、道内4か所で氷点下20度を下回った。

 日本気象協会北海道支社によると、11月中に道内で氷点下20度以下を記録したのは、1988年以来、20年ぶり。

12月は西日本中心に厳寒か=気象庁の3カ月予報11月25日15時47分配信 時事通信

 気象庁は25日、3カ月予報を発表した。

12月は西日本を中心に寒さが厳しくなる恐れがあるが、来年1月の気温はほぼ全国的に平年並みか高めの可能性が大きい。3カ月間の日本海側の降雪量は、北、東、西日本とも平年並みか少なめの可能性が高い。
 【12月】北、東、西日本の日本海側は曇りや雪、雨の日が多く、太平洋側は晴れの日が多い。沖縄・奄美は曇りや雨の日が多い。
 【1月】北、東日本の日本海側は曇りや雪、雨の日が多く、太平洋側と西日本、沖縄・奄美は平年に比べ曇りや雨、雪の日が多い。
 【2月】北、東、西日本は1月と同じ。沖縄・奄美は平年と同様に曇りや雨の日が多い。


posted by ぴか at 18:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。