2008年12月01日

裁判員制度:「裁判員通知」ブログでの公表相次ぐ

「裁判員通知」ブログでの公表相次ぐ
2008年12月1日(月)18時19分配信 J-CASTニュース

裁判員制度が09年に始まるのを受けて、裁判員の候補者になる通知が2008年11月29日から届き始めた。

直後から、届いた封筒の写真を掲載したり、通知書の内容について感想を述べるブログの書き込みが次々に出現。なかには、候補者の氏名が特定可能なものもあった。「2ちゃんねる」上でも、「アンケートに記入する際の説明書が長い」といった声が続出している

12月1日付 よみうり寸評
2008年12月1日(月)13時59分配信 読売新聞

 <人の口に戸は立てられぬ>とはよく言ったものだ。が、こうも早々と反応があると、関係者なら、笑ってばかりもいられない◆いよいよ近づいてきたと実感される「裁判員制度」のこと。来年5月にスタートするこの制度の裁判員候補者に登録された人への通知が、各家庭に届き始めた先月29日から、インターネットで公開されるケースが相次いでいる◆何であれ知ったことは話さずにいられないおしゃべりはよくいるが、これは要注意。候補者の氏名が特定できなければいいが、それと分かる情報の公開は裁判員法が禁じている◆が、ネット上には通知書の封筒の写真を載せたブログが次々に現れ、「通知がきた」と氏名や顔写真を公開したものもあった◆このケースに罰則はないが法律違反だ。家族や親しい知人、会社の同僚、上司などに話すのは構わないが、状況を考えた方がいい。裁判員への不当な働きかけや脅迫などを防ぐための禁止だ◆<口に年貢はいらぬ>ともいうが、<口は災いの元>にならないように



裁判員制度

裁判員制度 - Wikipedia

裁判員制度 | 裁判員制度の紹介

これでわかる 裁判員制度の基礎知識。

よろしく裁判員


タグ:裁判員制度
posted by ぴか at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(1) | 裁判員制度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

裁判の主役
Excerpt: 裁判の主役は誰でしょうか? 被告です。 被告の量刑を決めることが、法治国家としては極めて大切なことです。 裁判が、長期化し、また、...
Weblog: 健康な高齢者になるゾ!
Tracked: 2008-12-01 19:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。