2009年01月23日

マスターズ出場で「石川マネー」争奪戦…海外でも

マスターズ出場で「石川マネー」争奪戦…海外でも
2009年1月23日(金)17時0分配信 夕刊フジ

マスターズ出場が決まった石川。大会主催者からは「アジアなどでのゴルフへの関心を高めてくれるはずだ」と期待を寄せられている(大里直也撮影)

 男子ゴルフ石川遼(17)=パナソニック=が今季メジャー初戦「マスターズ・トーナメント」(4月9−12日、米ジョージア州オーガスタ・ナショナルGC)に出場することが23日、正式に決定した。主催者が特別招待選手に選んだと発表した。日本選手史上最年少となる17歳7カ月で、夢にまで見た“ゴルフの祭典”に挑戦。金融危機でスポンサー離れが深刻な米男子ツアーにとっても日本の「SHY PRINCE(ハニカミ王子)」は魅力で、海の向こうでも「石川マネー」争奪戦が本格化しそうだ。

【スポンサー離れ加速】

 早くも、夢が現実となった。2008年1月10日にプロ転向を決意。「マスターズに出場して、勝つことです」と目標を語った石川。それからわずか1年で、夢の扉が開いた。

 23日(米時間22日)、主催者の発表を受け、米メディアも一斉に報じた。特別招待について、オーガスタ・ナショナルGCのビリー・ペイン会長は「イシカワは若いが、マスターズに招待されるにふさわしい技術と闘争心を持つ。新しく出現した才能を世界の舞台で見てもらうチャンスであり、ゴルフの発展につながる」と語った。

 マスターズ委員会から石川のもとに連絡が入ったのは22日午後9時ごろ。父・勝美さん(52)によると、英語で出場打診を受け、石川の答えはもちろん「YES」。勝美さんは「正式な招待状を待ちたい」と声を弾ませていた。

 大会初日の時点で17歳6カ月でのマスターズ出場。日本選手の最年少記録(1936年に戸田藤一郎の21歳5カ月)を73年ぶりに更新した。あこがれのタイガー・ウッズ(33)=米国=でさえ、アマチュアだった95年の19歳4カ月に初出場。大会の最年少記録は52年にアマチュアのトミー・ジェイコブス(米国)が記録した17歳1カ月で、石川は史上2番目の年少選手となる。

 日本ツアー史上最年少での1億円プレーヤーに、日本の賞金ランク5位…。昨年末ごろから、米ツアー関係者の間でも、その実力と話題性は徐々に広まっていた。

 AP通信は「彼は今、日本で最も有名なスポーツ選手。その控えめな立ち居振る舞いから『SHY PRINCE』と知られている」と紹介。ロイター通信も、石川の『BASHFUL(はにかんだ) PRINCE』とのニックネームに注目。「真珠のような歯のほほ笑みは日本では最も被写体として価値があり、ここ2、3年間で最低で10ミリオンドル(約9億円)稼ぐ」と優れた“商品価値”を取り上げた。

 石川に対する期待は日本のみならず、米ゴルフ界でも大きい。PGAツアーのスポンサー2大業界はこれまで自動車と金融だったが、今回の世界恐慌で、特にビッグスリー(GM、フォード、クライスラー)は経営危機に立たされており、GMは今年からマスターズのテレビCMを中止すると発表している。

【金融危機深刻…】

 一方、石川は世界を代表するトヨタ自動車、パナソニック、コカ・コーラなど有力スポンサーを抱えており、米ゴルフ界にとっても“金のなる木”。実績も把握しており、すでにマスターズまでの3大会で主催者推薦が決定したばかりだ。

 もちろん、石川が米ツアーに出場すれば、日本のテレビ局から放映権を得られるほか、大勢の観光客も見込まれる。経済不況のあおりを受け窮地に立たされた米ツアーにとって、石川は「ジャパンマネー」を連れてくる救世主。それは格式のあるマスターズ委員会にとっても、無視できる状況ではなかった。

 その結果、これまで本人が公言してきた「20歳までにマスターズ出場」より実に3年早い、“夢の祭典”への挑戦を得られることになった。オーガスタでは、左ひざ手術からの復帰を目指すウッズら世界の強豪との真剣勝負が待っている。日本の「シャイ・プリンス」が今度は米国でも旋風を巻き起こせるか。石川のサクセスストーリーは、しばらく続きそうだ。

 ■マスターズ 男子メジャーの第1戦で正式名称は「マスターズトーナメント」。1934年に「オーガスタ・ナショナル招待」として創設され、39年に現大会名となった。今回が第73回大会。
「球聖」ボビー・ジョーンズとアリスター・マッケンジー博士が設計したオーガスタ・ナショナルGC(米ジョージア州)で開催される。昨年優勝者はトレバー・イメルマン(南アフリカ)。日本からは片山晋呉、今田竜二がすでに出場を決めている。

 ■オーガスタ・ナショナルGC 4大メジャーの1試合会場として知られる米ジョージア州のコース。「ガラスのグリーン」と呼ばれる起伏の激しい高速グリーンと「緑のじゅうたん」といわれるフェアウエーで有名。近年は道具の進化に対抗し、ホールごとに改造が行われ、距離を伸ばしたり、バンカーを拡張させたりしている。マスターズ開催週には花が咲き誇り、その美しさでも知られる。

遼クン出場決定!マスターズ日本人最年少

<男子ゴルフ>新風吹き込んだ1年、人気に実績も…石川遼

遼クン、連続バーディで追い上げ首位と2打差4位タイに浮上!
遼クン、賞金1億円突破確定! 史上最速、最年少の快挙
男子ゴルフ 石川、心の葛藤に勝ち初V…常時ファン殺到し

遼クン「最高」2位 特攻ドライバー成功
(10/17)遼クン通算イーブンで終了/男子ゴルフ
(10/17)石川、勝負哲学 攻めの姿勢貫く 日本オープンゴルフ

石川遼特集 : nikkansports.com

石川遼トピックス - Yahoo!ニュース

石川遼 オフィシャルブログ 「イソガバ.マワルナ!」



posted by ぴか at 19:11 | Comment(0) | TrackBack(1) | ゴルフ・石川遼
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

トヨタ自動車
Excerpt: マスターズ出場で「石川マネー」争奪戦…海外でも ... 【金融危機深刻…】 一方...
Weblog: しげるの日記
Tracked: 2009-01-24 05:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。