2009年02月21日

「日本の富豪」1位はユニクロ・柳井会長 資産額は…

「日本の富豪」1位はユニクロ・柳井会長 資産額は…
2009年2月20日(金)17時0分配信 夕刊フジ

フォーブスの「日本の富豪40人」のトップになった柳井正ファーストリテイリング社長

 米経済誌フォーブスが20日までに発表した2009年の「日本の富豪40人」によると、カジュアル衣料店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長が、任天堂の山内溥相談役を抜いて初めて首位に立った。同誌によると資産額は61億ドル(5734億円)。

 柳井会長は、前年の6位(47億ドル、約4418億円)から一気に14億ドル(約1316億円)も資産を増やしてトップに躍進。これは、資産のかなりの部分を占めるファーストリテイリング株の株価が、1年前に比べ2割ほど上昇したことが大きな要因とみられる。

【不況“追い風”に株価上昇】

 同社株の株価上昇をもたらしたのはユニクロの快進撃だ。「100年に一度」の経済危機で消費者の節約志向が急激に高まっていることから、衣料品も「高級品の百貨店などが“壊滅”するなかでユニクロの独り勝ち状態になっている」(市場関係者)という。

 1月9日には09年8月期の連結経常利益の見通しを上方修正。前期比11%増の950億円と従来予想に比べて20億円引き上げたが、「今後も過去最高益への期待は高い」(同)という。

 2位は大手パチンコメーカーSANKYOの毒島邦雄名誉会長で、資産額は52億ドル(約4888億円)。昨年首位だった任天堂の山内相談役は45億ドル(約4230億円)だった。

 また、24位にはミクシィに次ぐSNSサービスを展開するグリーの田中良和社長が初めてのランクイン。資産額は8億5000万ドル(約799億円)だった。グリーは昨年12月に東証マザーズに上場したばかり。ライバル会社、ミクシィの笠原健治社長は資産額4億8000万ドル(約451億円)で、昨年の37位から40位に下がった。

 同誌は「景気後退に伴い多くの日本の富豪が資産を減らした」と指摘。40人の資産総額は695億ドル(約6兆5330億円)で、昨年5月時点の899億ドル(約8兆4506億円)を下回り、40人中28人の資産が目減りしたとしている。

ユニクロ“世界戦略”加速…高級婦人服ブランドを買収
奮闘していた低価格衣料品業界に異変 西松屋、しまむらが苦境に陥りユニクロが独走


posted by ぴか at 09:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | ランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【日本の富豪40人】についてブログの検索結果をまとめると…
Excerpt: 日本の富豪40人 についてブログの検索結果をまとめると…
Weblog: 最新キーワードチェック!
Tracked: 2009-02-23 16:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。