2009年02月25日

「納棺夫日記」5万部の増刷決定

「納棺夫日記」5万部の増刷決定
2009年2月25日(水)8時0分配信 サンケイスポーツ

 「おくりびと」映画誕生の原点となった「納棺夫日記」は、米アカデミー賞の獲得に沸いた23日に4万部の緊急増刷が発表されたが、さらに5万部の増刷が決まった。

 著者の青木新門さんは24日、著書の世界観と映画内容の違いから原作に名を連ねることを拒んでいたが、本木の受賞は素直に喜び、「本木君の渾身の演技が世界を照らしたんだよ」と笑顔だ。

 冠婚葬祭会社で約10年間、納棺師として遺体と向き合ってきた青木さんは、「納棺師は“死体処理係”ではない。死者が安心して『送る先』(死後の世界)に行けるようにすることが大切」と説明。そんな納棺師の姿を世界中に伝えた本木に、賛辞の言葉を述べた。

 本木の技術指導に協力した札幌市の「納棺協会」の堀江満さん(39)は、「裏方だが高いプロ意識を持ってやる仕事。受賞により、よいイメージで世間に知ってもらえた」と喜んでいる。

★★★

「おくりびと」原作本爆売れ!発行部数30万部 2009年2月24日(火)23時57分配信 スポニチ

 映画おくりびと」の原点となった青木新門氏(71)の著書「納棺夫日記」(文春文庫、490円)は24日の1日だけで、全国の紀伊國屋書店で約720冊(午後8時現在)が売れ、文庫本売り上げの1位を記録。授賞式前日の22日は39冊で、約18倍の売り上げを見せた。発行元の文藝春秋社は「書店からの注文の電話が朝から殺到しています」とうれしい悲鳴。受賞が発表された23日に4万部の増刷を決定したばかりだが、検討を繰り返した末、15万部に上方修正。同書はすでに15万部のヒットになっており、今回の増刷を合わせると発行部数30万部に達した。

★★★

賞の半分は本木さんのもの」 「おくりびと」滝田監督会見・おくりびと」構想10年超、主演・本木さん満面の笑み

<米アカデミー賞>「おくりびと」「つみきのいえ」同時受賞
「おくりびと」最優秀作品賞など10部門独占/日本アカデミー賞

★★★

. 9.13 Road Show 「おくりびと」(主演:本木雅弘 広末涼子)

. Yahoo!映画 - おくりびと
. おくりびと − 映画作品紹介

1. Amazon.co.jp: 納棺夫日記 (文春文庫): 青木 新門: 本

2. 納棺夫日記
3. 「おくりびと」と「納棺夫日記」 - 教えて!goo
4. この本読んだよ。 納棺夫日記
5. Amazon.co.jp: 定本納棺夫日記 2版: 青木 新門: 本


posted by ぴか at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | ランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

納棺夫日記 青木 新門
Excerpt: 「今日から、湯灌、納棺の仕事を始めることした」 妻からは「穢れてる」とセックスを拒否され、親戚には「一族の恥」と絶縁を迫られる。それでも著者は死体をアルコールで拭き、白衣を着せ、髪と顔と整え数珠を..
Weblog: おすすめ小説
Tracked: 2009-02-27 05:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。