2009年04月20日

五月人形、一騎打ち 政宗天下に迫る「愛」

五月人形、一騎打ち 政宗天下に迫る「愛」
2009年4月18日(土)17時0分配信 産経新聞

 五月人形商戦で、戦国武将同士の一騎打ちが起きている。

例年、断トツ人気だった初代仙台藩主、伊達政宗(1567〜1636年)に、上杉家(米沢藩)重臣の直江兼続(1560〜1619年)が肉薄しているのだ。放送中のNHK大河ドラマ天地人」の追い風を受け、「愛」の字をあしらった鎧(よろい)や兜(かぶと)を模した商品の売れ行きが伸びているという。

 日本人形のメーカーや販売店などでつくる社団法人日本人形協会によると、戦国武将の兜や鎧を模した商品は伊達政宗がここ10年ほど不動の1位だった。兜の前立(まえだて)(正面の飾り)が鋭い三日月形になっているのが特徴だ。


 この「政宗天下」に切り込んだのが、前立が「愛」の字の直江兼続だ。日本人形協会の広報委員長、渡辺忍さん(67)は「兼続の商品は一部のメーカーが作っていただけだったが、大河の主人公に決まり、他社も乗り出した」と説明する。


 約30年前に「愛」がデザインされた兼続の商品を発売したことがある人形メーカー「鈴甲子(すずきね)」の社長、鈴木順一朗さん(42)は「前回はあまり売れず、5、6年で生産を終えた」と振り返るが、今期向けに改めて生産すると、受注数は予想の倍以上。大丸梅田店(大阪市北区)でも兼続の人形が販売され、見つけた客が「あ、これこれ」と指さす光景が見られる。


 やはり大河人気が火をつけた格好だが、「天地人」の原作者で作家の火坂雅志さん(52)は「弱きを助け、強きをくじく、という生き方の兼続に対し、現代はその逆。現代に足りないものを持つ兼続に共感する人が多いのかもしれません」と話している。


 一方の政宗も、昭和62年に「独眼竜政宗」で大河ドラマになり、最高視聴率は関東地区で47・8%(ビデオリサーチ調べ)を獲得。放送中の「天地人」(12日放送分まで)の最高視聴率は関東地区26・0%、関西地区25・8%(同)と、これまでのところ政宗の後塵を拝している。さて、人形合戦で勝ち名乗りを上げるのはどちら?

ブロガー唖然!?『天地人』
このところトーンダウンで「篤姫」になれない「天地人」

NHK大河ドラマ天地人



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。