2009年05月21日

最高裁が「量刑の考え方」作成…21日から裁判員制度

東京、川崎で感染確認 同じ学校の女子生徒
新型インフル、家庭の対処法・・家族に症状 看護は別室、マスクで・・休校した時の過ごし方

★★★

最高裁が「量刑の考え方」作成…21日から裁判員制度
2009年5月21日(木)3時3分配信 読売新聞
-
 最高裁は、裁判員裁判で、被告の刑を決める評議の進め方や重要なポイントを示した「量刑の基本的な考え方」を作成し、全国の裁判官に配布した。

 模擬裁判では量刑を巡る議論がまとまらないケースが多かったため、犯罪行為の態様や動機などを「本質的な要素」、遺族感情や被告の反省、更生の可能性は「副次的な要素」と位置づけ、本質的な要素から検討していくよう議論の道筋を示した。実際の評議で参考にされるとみられる。

 これまで各地で実施された模擬裁判では、量刑を決める評議の際、脈絡もなく意見が交わされた結果、議論がまとまらず、時間不足となって多数決で決めるケースが少なくなかった。本番でも、例えば、検察側が被害者感情を、弁護側が被告の家庭環境を強調し、法廷で裁判員の情緒に訴える立証活動をした場合、裁判員が冷静な議論をしにくくなる懸念が、裁判官の間で指摘されていた。

 このため、最高裁の作成した「考え方」は、量刑は被告や被害者の社会的地位に応じて変化してはならないという原則を確認。「被告の前科や反省の度合い、被害感情などは、刑罰を決める上で副次的なもの」と指摘した。

 そのうえで、量刑を決める評議の手順を示した。まず、〈1〉タクシー強盗か路上強盗かといった「犯行の態様」〈2〉被害者は死亡したのかけがをしたのかといった「犯行の結果」〈3〉保険金目的か怨恨(えんこん)かなどの「動機・計画性」−−といった点に着眼。これらの本質的な要素から、事件の類型を見極める。

 その後、類型ごとに過去の事件の量刑が調べられる検索システムで、大まかな量刑分布を把握。さらに、被害者の落ち度や遺族感情、被告の犯行後の行動や反省の度合い、被告の更生の見通しなどを検討し、最終的に刑を決めるとしている

裁判員制度 参加意識が低いまま始動した
裁判員制度、21日スタート=刑事事件審理に国民参加−7月にも第1号

裁判員制度

「裁判員通知」ブログでの公表相次ぐ 2008年12月1日

★★★

新型インフル 注目される「仙台方式」 かかりつけ医でも診療可能に〜新型インフル禍 マスク急騰10倍も 品薄、ネット競売に走る〜タミフルをネットで高値売買、薬価の4〜5倍
<新型インフル>ワクチンの生産 早くても7月中旬以降に
新型インフル、家庭の対処法・・家族に症状 看護は別室、マスクで・・休校した時の過ごし方


タグ:裁判員制度
posted by ぴか at 04:48 | Comment(0) | TrackBack(1) | 裁判員制度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

逆.えんで37マ.ン稼げたwww
Excerpt: ツレがもうかったっていってたから試してみたらマジでナマでハメまくってるだけで37マ.ンもらったw しかも中.出しが当たり前だしwww ⇒ sersai.com
Weblog: マ.ラ太郎
Tracked: 2009-05-23 21:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。