2009年06月07日

エコポイントにだまされるな!

エコポイントにだまされるな!
2009年6月6日(土)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 エコポイント家電なんかにだまされず、しっかり貯める――これが夏のボーナスの賢い活用法だ。

「減ったボーナスを投資で取り戻そうとしても、素人にそんな芸当はできません。不況のときほど、おカネは投資や買い物より預貯金です。目標額は1年間の生活費。これだけあれば、会社が倒産したりリストラに遭ったりしても、新たに借金をしなくても1年半は十分暮らせます。その間に、再就職先を見つけることもできるでしょう。麻生首相にあおられてエコ家電を買うのは感心しません。定額給付金も預金しちゃいましょう」(経済ジャーナリスト・荻原博子氏)

 エコ家電のポイント制を使って冷蔵庫やエアコンを購入しても、実質割引率は5%前後。しかも、このポイントは別の商品を買うときにしか利用できないから、いうなれば将来の購入品の「内金」みたいなものだ。儲かるのは、メーカーや流通業者だけである。

 たしかに、冷蔵庫やエアコンの購入費を預金しても1年で数百円の利息しかつかない。でも、いまのようにデフレのときはカネの価値が上がる。

「不況底打ちなんていわれているが、GM破産で世界的なデフレ傾向はもう一段悪化しそうです。日本の消費者物価も数%下落するでしょう。仮に1年先に5%の下落なら、それだけ利子がついたのと同じ。エコポイント分などたちまち取り返せます」(家計アナリスト)

 デフレ不況では貯めるが勝ち。

(日刊ゲンダイ2009年6月3日掲載)

エコポイント賢くためる「地デジTV」購入必勝法
2009年6月6日(土)17時0分配信 夕刊フジ

家電量販店の地デジ対応テレビ売り場ではエコポイントを猛然とアピール中=ヨドバシカメラマルチメディアAkiba
-PR-
 政府・与党の景気対策の一環として「エコポイント」の制度が5月15日から始まり、家電量販店などは同制度対応の商品を猛アピールしている。省エネ基準に基づいた家電(地デジ対応テレビ、冷蔵庫、エアコン)を購入すると、政府がポイントを付与。ためたポイントは後ほど商品や商品券と交換できる制度だが、とくに優遇されているのが地デジ対応テレビ。量販店の中には、他の製品より5%ほどポイントを上乗せする店もあり、「買い時」との声もあがっている。売れ筋テレビのランキングをもとに、「賢い買い方」を調べてみた。

 テレビのエコポイントは、画面サイズによって点数が違う。26型未満は7000点▽26−32型は1万2000点▽37型は1万7000点▽40−42型は2万3000点▽46型以上は3万6000点−となっている。確定ではないが、政府は1点が1円に相当するとの見解を示している。


 ランキングを見ると、シャープのアクオス(AQUOS)と東芝のレグザ(REGZA)が上位を独占。中位にソニーのブラビア(BRAVIA)が食い込んでいるが、液晶テレビは、ほぼシャープと東芝の独壇場だ。ただ、エコポイントを購入の判断材料にするなら、別の選び方もある。


 注目したいのはポイント等級と販売価格の関連。最高ランクの46型でも製品によって価格差がある。しかし、付くポイントはどれも同じ3万6000点だから、購入価格が安い方が「お得」になるわけだ。さらに量販店独自のポイントや「下取りサービス」などが付くと、実質の購入価格はさらに安くなる。


 安い商品は“型落ち”(旧機種)であることが多いが、薄型大画面テレビの新陳代謝は早いので、よほどの新機能や細部にこだわらなければ大差はないという見方もできる。量販店によっては46型の液晶テレビが14万円台で販売されているところもあり、エコポイントや量販店のポイント分を引くと、実質10万円を切る価格になる。


 肝心の売れ行きについては、「交換できる商品など、エコポイントの詳しい内容がまだ決まっていないので、消費者の反応は鈍い」(大手量販店店員)。政府の思惑どおりの動きが見られるかは現段階では未知数だ。


 ただ、エコポイント制度は来年3月までなので、量販店のサービスと組み合わせて一気に買ってしまい、一足先に“地デジ対応”を果たすのも悪くない。麻生内閣のバラマキ政策に乗ってしまうのも、ある意味「消費者の知恵」といえそうだ。

薄型テレビ 5月の売れ行き、22%増
2009年6月3日(水)20時49分配信 J-CASTニュース

家電・IT関連のマーケティング会社GfKジャパンの調査によると、2009年5月の薄型テレビの売れ行きが前年同月比22%増になったことがわかった。冷蔵庫も同16%伸びた。省エネ性能に優れた家電3製品の購入を促進する「エコポイント制度」が09年5月15日にスタートしたことなどが影響した。ただし、エアコンは同1.6%減だった。GfKジャパンは全国約4500店の販売データを集計している。

★★★

1. エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業の実施について
2. エコ・アクション・ポイント事業:環境省
3. 「エコポイント」の付与ポイントや交換商品が一部決定 -AV Watch
4. J-CASTニュース : 「エコポイント」はどんな仕組み? 「何に使えるの ...
5. 家電-【特別企画】--「エコポイント制度」について知っておきたいこと





posted by ぴか at 04:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | エコポイント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。