2009年06月21日

夏のボーナスで家電を買うなら、要注意!知らないと損する「ポイント還元」の秘密

夏のボーナスで家電を買うなら、要注意!知らないと損する「ポイント還元」の秘密(ダイヤモンドオンライン 2009年6月15日配信掲載) 2009年6月16日(火)配信

先週は、今話題の“エコポイント”について調べてみた。今回は、大手家電量販店がこぞって付けている“ポイント還元”について、おトクな使い方をチェックしておこう。この夏のボーナス商戦で家電やIT製品を買おうと思っている方は、参考にして欲しい。

 すでにご承知かと思うが、まずはポイント還元の仕組みについておさらいしておこう。

 ポイント還元とは、店頭に掲げられているプライスカードの価格に加え、ポイントを付けて他の商品を買えるという仕組みだ。

 販売価格1万円(10%ポイント還元)

 このように表示されていたら、財布から出す金額は1万円であり、専用のポイントカードに1000円分のポイントが貯まることになる。

 ポイント還元と値引きは混同されがちで、僕も専門誌には細かな説明をせずに10万円(10%ポイント還元)と書いている。知らない方が読むと、9万円で商品が手に入るように感じるが、実はそのお店で1000円分の商品が買えるだけで、値引きとは意味が根本的に違う。

実はここに、「勘違いしやすい仕組み」がある。

 たとえば、1万円の商品に1000円分のポイントが付いていたとしよう。商品の利益率が2割なら、実は販売店の出費は800円となる。また、現金とは違って同じ店でしか使えないので、顧客の囲い込みにつながる。

 話は細かくなるのだが、さらにポイントで商品を購入した場合には、ポイント還元が付かないというルールがある。1万円(10%ポイント還元)の商品をポイントで購入すると、手元のカードから1万ポイント減るだけで、新たなポイントは付かない。

 結果的に販売店の負担はさらに少なくなることになり、とてもよくできている仕組みなのだ。

 単純な話だが、10%の値引きと10%のポイント還元では、前者のほうが「間違いなくおトク」である。ポイントより現金値引きを掲げているケーズデンキのような店は、ユーザーにとってはおトクなのだ。

エコポイント受け取り・商品との交換は7月1日から
エコポイント交換まず271件、スイカや商品券などが8割

エコポイントにだまされるな!
エコポイントは商品券と交換 政府方針5月12日

. エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業の実施について

. 「エコポイント」の付与ポイントや交換商品が一部決定 -AV Watch
. エコ・アクション・ポイント事業:環境省
. エコポイントってどんなもの?
. J-CASTニュース : 「エコポイント」はどんな仕組み? 「何に使えるの ...

★★★

私生活を伏せてきた松嶋菜々子がママタレを目指す不思議

能人“熱愛”報道も様変わり…ウラに宣伝の匂い?
宝物、ぶち壊された…来栖あつこ意味深ブログに波紋


posted by ぴか at 03:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | エコポイント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。