2009年09月14日

イチローはメジャー挑戦の時期間違えた?地元紙がコラム

イチローはメジャー挑戦の時期間違えた?地元紙がコラム9月10日16時57分配信 夕刊フジ

イチローは自らの記録とともに、レーザービームなど守備でもファンを魅了するが

 マリナーズイチロー外野手(35)の9年連続200本安打の快挙を前に、地元紙「シアトル・タイムズ」が、「イチローはメジャー挑戦のタイミングを間違えた!?」というコラムを掲載した。

  書いたのはマリナーズ担当のジェフ・べーカー記者。《あのステロイドで武装したバリー・ボンズやマーク・マグワイア、サミー・ソーサらが「ホームラン」を打ちまくり、パワーこそがスーパースターの条件としてもてはやされた時代にアメリカに来ていなければ、もう少し違った評価を受けていたかもしれない》というのだ。

 レーザービームに代表される華麗な守備と、俊足を生かしたヒットの山。2000本安打と9年連続200本安打は日本では絶賛の的だが、米国では依然、評価が低い。いまだに「チームのためではなく自分の成績のためにプレーしている」「ライナーで外野に飛ばすヒットではなく、足で稼ぐ安物のヒットが多すぎる」などの批判もある。

 しかし、イチローは「自分の仕事を最優先に考え、自分の能力を最大限に発揮することこそ、チームのためになるという考え方の持ち主で、その姿勢は2001年にアメリカに来てから全く変わっていないし、これからも変わることはないだろう」と同記者。

 四球を選ばないイチローは1番打者にふさわしくないとの声もあったが、今季のイチローの出塁率は.392で、その役割を十分果たしている、という。

 マグワイアが殿堂入りの投票で落選するなど、ステロイドで打った本塁打に対する風当たりは極めて厳しく、一方で、レッドソックスのペドロイア二塁手のように本塁打が20本に満たなくとも、ハッスルプレーでMVPに選ばれる時代である。

 イチローは今のペースで行けば40歳になる2014年までにメジャー通算3000本安打を放つだろう。そのころまでに、米国の世論が、イチローのような華麗なバッティングや守備のうまさこそがスーパースターの資格と認めるかどうか? それともやはり、「ホームラン打者こそスーパースター」なのか。その成り行きを見届けたいものだ。

<イチロー>また新たな伝説 近代野球におおきな足跡
イチロー、9年連続200安打…大リーグ初>(09/08)イチロー、2000安打 敵地ファンの祝福に「感慨深い」 安打記録を追って DAY3


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。