2009年09月22日

花王エコナに不安感広がる

花王エコナに不安感広がる
2009年9月19日(土)11時0分配信 ココログニュース

花王の食用油「エコナ クッキングオイル」に、体内で発がん性物質になる恐れがある成分「グリシドール脂肪酸エステル」が多く含まれることがわかった。花王はマヨネーズ、ドレッシングオイルなどの関連商品も含め59品目を出荷停止・販売自粛し、返品を求める消費者には代金を返すことを発表した。

エコナ クッキングオイル」は「体に脂肪がつきにくい」と健康をアピールし、特定保健用食品にも指定されていた商品。「ずっと油と言えば、エコナ」「普通のサラダ油より値段が高くても、無理して使ってた」という愛用者は、今回の発表にショックを隠せないようだ。花王は、問題の成分は安全性への懸念を明確に示す報告はないが消費者に安心感を持ってもらうため、今回の措置に至ったことを説明。しかし「害はないと言われても、販売自粛する商品をいつまでも使う訳にはいかない」など、家庭にあるエコナ商品の使用をやめたという声は少なくない。

「健康に気遣って使っていたのに裏切られた思い」「もっと誠実な製品づくりを」と花王への不信感を述べるブロガーは多数。一方、『獣医師 須崎の「ペットに手作り食」』では、有害性がわからない段階で自主規制をかけた花王の姿勢を認め、「今まで食べていた油を完全否定したり、まして、自分がガンになるんだ!などと決めつけたりすることは、私は違うと思います」と述べている。

花王には問い合わせ電話が殺到、対応しきれなくなったため、同社は回線の増設と、メール・郵便での問い合わせにも応じることを発表した。拡大した不信感・不安感をどこまで取り除くことができるのか、今後の対応が注目される。

(ひかる)

花王 「エコナ」製品を一時販売自粛し出荷も停止
2009年9月17日(木)18時20分配信 J-CASTニュース

花王は食用油「エコナクッキングオイル」をはじめとするエコナ関連製品の一時販売自粛、出荷停止を行うと2009年9月16日に発表した。発がん性物質を生成する可能性があるとして、欧州を中心に安全性の議論が出ている「グリシドール脂肪酸エステル」が製品に含まれていることを確認したため。販売自粛、出荷停止の期間は、一般食用油と同等レベルに低減できるまでとしている

花王 エコナ 返品方法

. 花王株式会社

★★★

みのもんた 9年連続200安打のイチローに「セコイ」発言でネット上は批判の嵐
椎名桔平、来春パパに…妻・山本未來が妊娠5か月

新型インフルの小1男児死亡=最年少、脳症で〜新型インフル、ワクチン費用を全国一律に

滝川クリステル「ニュースJAPAN」25日夜放送で卒業…後任は秋元優里アナ
酒井被告、1か月半ぶり長男と対面…事情説明し謝る


posted by ぴか at 15:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。