2009年11月15日

勝間和代ブーム”のナゼ?

勝間和代ブーム”のナゼ?(VOICE 2009年11月10日掲載) 2009年11月14日(土)配信

誠実さとフェアネス

 いまや世を挙げて「勝間和代」ブームである。

 このところ、彼女の名前をメディア上で目にしない日はないといってよい。新聞、テレビ、ラジオなどにおいて、彼女の存在感は圧倒的なまでに際立っている。書店に行けば彼女の本はいつでも平積みで、場合によっては「勝間和代コーナー」が設けてあったりする。

 聞くところによれば、彼女の人気は熱心なファンによって支えられているらしい。30代前後のOLを中心に「カツマー」と呼ばれるファン、もしくは「信者」が急増しつつあるという。

 そもそも勝間和代」とは、いったい何者なのか。

 最強のワーキングマザーにして、現在最も人気のある経済評論家

一応これが、最も簡単な肩書ということになるのだろうか。もっとも、その活動のフィールドは多岐にわたるため、簡単には要約しにくいのも事実だ。

 勝間氏は1968年に東京に生まれた。よく知られているのは、大学2年生の19歳で公認会計士試験二次試験に合格したというエピソードで(三次試験は23歳で合格)、これは当時の最年少記録であるという。慶應義塾大学商学部を卒業。21歳で第1子出産。アーサー・アンダーセン、JPモルガン・チェース、マッキンゼーなどの勤務を経て、投資顧問業および経営コンサルタントとして独立。現在は、株式会社監査と分析代表取締役、内閣府男女共同参画会議議員、中央大学ビジネススクール客員教授としても活躍中であるという。

 彼女の公式ホームページには、これまでの華々しい受賞歴が記されている。以下そのまま転載しよう。

「ウォール・ストリート・ジャーナル『世界の最も注目すべき女性50人』選出。エイボン女性大賞(史上最年少)。第1回ベストマザー賞(経済部門)。世界経済フォーラム(ダボス会議)Young Global Leaders」

「少子化問題、若者の雇用問題、ワークライフバランス、ITを活用した個人の生産性向上、など、幅広い分野で発言をしており、ネットリテラシーの高い若年層を中心に高い支持を受けている」

「著作多数、著作累計発行部数は270万部を超える」

「勝間和代を目指さない幸せ」 反「カツマー」本が30万部突破

1. 私的なことがらを記録しよう!!

2. 勝間和代 - Wikipedia
3. 勝間和代オフィシャルサイト
4. 勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!
5. 勝間和代(経済評論家): 過去の放送 - 情熱大陸


★★★

もう小林麻耶を切るしかない

深キョンの限界露出 きっかけはライバル・黒木メイサ
広末涼子、初対面で新婚入浴シーンから…「人としてどうなの?」に西島秀俊、恐縮


タグ:勝間和代
posted by ぴか at 04:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。