2010年02月22日

国母帰国!キチンと笑顔で「応援に感謝」

国母帰国!キチンと笑顔で「応援に感謝」
2010年2月21日(日)19時47分配信 日刊スポーツ

帰国後、口の傷をさわりながら会見する国母

 国母和宏(21=東海大)ら、バンクーバー五輪スノーボード・ハーフパイプ代表が21日、成田空港着で帰国した。国母の出国時の服装の乱れや会見での態度が問題視された件について、全日本スキー連盟の林辰男競技副本部長と綿谷コーチが謝罪した。当の国母は、シャツをしっかりズボンに入れ、笑顔で帰国。「いろいろあったっすけど、最後まで応援してくれた人に感謝してます」と話した。

国母選手が整えて帰国「いろいろあったけど感謝」
2010年2月22日(月)1時38分配信 読売新聞

他の選手らと一緒に帰国した国母

 出国時の乱れた服装が問題となったバンクーバー五輪スノーボードの国母(こくぼ)和宏選手(21)が21日、成田空港に帰国し、同僚選手らと記者会見した。

 シャツのすそをズボンに入れるなど整った身なりで帰国した国母選手は、「五輪で得たもの」を聞かれ、「ちょっと、分かんないっす」と小声で語った。今後のスケジュールについては「言えないです」と述べた。

 これに先立ち、テレビの取材に答えた国母選手は、「いろいろあったけど、最後まで応援してくれたことに感謝している」と語った


宮里藍、米女子ツアー2勝目!6打差を大逆転
浅田「ジャンプが大切」=女子代表3選手が抱負〔五輪・フィギュア〕

生田斗真 初主演映画で涙の舞台あいさつ
国母、服装正し帰国へ〔五輪・スノーボード〕
寺島しのぶが最優秀女優賞…ベルリン映画祭


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。