2010年04月08日

勝間和代キャスター初挑戦でゲストと激論

勝間和代キャスター初挑戦でゲストと激論
2010年4月7日(水)16時33分配信 日刊スポーツ

 経済評論家の勝間和代氏がキャスターに初挑戦するBSジャパン「デキビジ」(25日スタート、日曜午後8時)が7日、都内で制作発表を行い、抱負を語った。

「デキるビジネスマン」をターゲットにした経済情報番組で、勝間氏がゲストと激論を交わすトークコーナーが見どころ。「ツイッターとの同時中継も当たり前、専門用語も飛び交います。『龍馬伝』を見ながらでもチェックしてこそ、デキるビジネスマン」とPRしていた。

カツマ教」信者の女上司とどう付き合うべきか

職場で暴走中偽カツマー
勝間和代と香山リカ 仁義なき茶番劇?
勝間和代ブーム”のナゼ
勝間和代を目指さない幸せ」 反「カツマー」本が30万部突破

★★★

Twitterツイッター[2])は、個々のユーザーが「ツイート(「つぶやき」[3])」を投稿することで、ゆるいつながりが発生するコミュニケーション・サービスであり、広い意味でのSNSの1つ。「ミニブログ」「マイクロブログ」といったカテゴリーに括られることもある。

2006年7月にObvious社(現Twitter社)がサービスを開始した

Twitterはブログ・SNSとチャットの中間のようなシステムを持つ。

各ユーザーは140文字以内で「つぶやき」を投稿し、投稿ごとに固有のURLが割り当てられる。自分専用のサイト「ホーム」には自分の投稿とあらかじめ「フォロー」したユーザーの投稿が時系列順に表示され、「タイムライン」と呼ばれる。メールやIMに比べて「ゆるい」コミュニケーションが、フォローを介して成立したグループ内に生まれる。

一方「キーワード検索」すると「キーワードを含んだ投稿」のタイムラインが生成され、「キーワードを含んだ投稿」でつながったグループが自然発生する。同じキーワードを含んだ投稿をすれば、グループに参加することもできる。

「トレンド」により、いま多く投稿されている「キーワード」を知ることができる。トレンドの範囲を国別に、または主要都市別に絞り込む機能もあるが、日本には未対応。

投稿や閲覧はサイト上で行うほか、便利な機能を備えた各種のクライアント、クライアントウェブサービスが公開されており、それらを利用して行うことも出来る。

なお、投稿内容によってはJASRACから「曲の歌詞を引用した」として代金を請求される可能性があるので注意が必要であるという噂が流れた[4]が、実際にはTwitterに請求が行くだけである[5]。

マスメディアではTwitterの説明として簡易投稿サイトなどと表記される

創成期にブログ・サービス「Blogger」を開発し、その後Google社に売却したエヴァン・ウイリアムス(Evan Williams)や、Bloggerの開発チームの一員だったBiz Stone、Jack Dorseyらが中心となって開発した。Jack Dorseyによると、Twitterの基本構想は自身が2000年6月に思いついた[6]。LiveJournalよりもリアルタイム性が高く、どこにいても自分の状況を知人に知らせたり、逆に知人の状況を把握できたりするサービスの可能性に気づいたという。Dorseyはそのアイデアを5年間あたため続け、その後、Odeo社のプロジェクトとして立ち上げた。2006年7月から始まったTwitterのサービスは、2007年3月に米国で開催されたイベントSouth by Southwest(SXSW)でブログ関連の賞を受賞した[7]ことで一躍注目を集めるようになった。設立以来、共同創業者たちが主に自己資金で経営してきたが、2007年7月26日にUnion Square VenturesやCharles River Ventures, 複数の個人投資家から資金を調達したことを発表した[8]。

2008年1月7日、デジタルガレージグループがTwitterに出資するとともに、日本展開の支援を発表[9]、2008年4月23日にユーザインターフェースが日本語化された日本語版が利用可能になった[10]。さらに2009年10月15日には携帯電話向けサイトを開設[11]、同時にウィルコムの公式コンテンツとして登録された[12]。

2008年2月1日、Twitterは信頼性を理由に、NTTコミュニケーションズ100パーセント子会社であるNTT Americaのホスティングサービスを選んだと発表した[13][14][15]。

2009年3月23日、大手企業重役つぶやきサイトのExcecTweetsが設立された。このサイトのスポンサーはマイクロソフトである。また、マイクロソフトは自社のXbox Liveから、TwitterやFacebookやLast.fmなどへアクセスできるサービスを付加する計画を発表している

Twitter - Wikipedia

1. Twitter



posted by ぴか at 05:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。