2010年11月03日

はだしランニング(美脚ランニング )

NHKあさイチ11月2日放送【美脚ランニング▽今注目はだしラン・太足改善】

◎キャスター:井ノ原快彦、有働由美子(NHKアナ)、柳澤秀雄(同解説委員)
◎ゲスト:石田純一、とよた真帆

今空前のランニングブームですが、注目されているのが「はだしランニング」です。

ランニングシューズを履いて走るよりも、はだしで走る方が足にかかる衝撃を大幅に
吸収できるとする論文が、英国の有名科学誌【ネイチャー(Nature)】に発表され、
はだしのランナーの大多数は着地時にかかとが接地せず、かかとを地面につけない
走り方は体重の2〜3倍の衝撃がコイン大の表面に集中することによって、痛みや
損傷につながる衝撃を回避できるメリットがあると言います。
※靴とはだしでは使われる筋肉が違うため、靴を履いて走っていた人がはだしに
 転向する場合は、ふくらはぎと足の筋肉を徐々に作りながら転向する必要がある

はだしランニング」は地面からの衝撃を足の裏やふくらはぎの筋肉を使って吸収
するため、筋肉が刺激され足の形が変わってきて、偏平足の解消や引き締まった
足首・ふくらはぎを作ることができる美脚効果があります。NHKあさイチ【美脚はだしランニング太足改善】詳細情報

走るならランニングシューズより「はだし」で、足に優しいと米研究2010年01月28日 14:53 発信地:パリ/フランス

【1月28日 AFP】ランニングシューズを履いて走るよりも、はだしで走る方が足にかかる衝撃を大幅に吸収できるとする論文が、27日の英科学誌「ネイチャー(Nature)」に発表された。

 研究チームは、米国とケニアのランナーを対象に、「はだしで走る」「靴を履いて走る」「以前は靴を履いていたがはだしへ転向した」3つのグループの足の重心のかかり方を調べた。

 すると、靴を履いたランナーの4分の3が、着地時にかかとが地面に接しており、接地回数は1マイル走るごとに約1000回だった。衝撃を和らげる効果の高いスポーツシューズでも、すべての衝撃を吸収しきれないことは、ヘビーランナーの30〜75%が毎年何らかの反復運動損傷を訴えていることからも明らかだ。 

 一方、はだしのランナーの圧倒的多数は着地時にかかとが接地せず、足の側や母指球で接地していることがわかった。かかとを地面に付けない走り方は、体重の2〜3倍の衝撃がコイン大の表面に集中することによって、痛みや損傷につながる衝撃を回避できる利点があるという。 

 論文は、「今日、はだしで走ることは危険でけがの原因になると考えている人は多いが、実際には人はどんなに硬い地面であっても、はだしで痛みも不快感も感じずに走ることができる」と指摘している。

 ただし、靴を履いて走っていた人がはだしに転向する場合は、注意が必要だという。靴とはだしでは、使われる筋肉が違うためだ。論文は、「これまでずっと靴で走っていた人は、ふくらはぎと足の筋肉を徐々に作りながら転向すべき」と指南している。(c)AFP/Marlowe Hood

裸足感覚で走るランニングクラブ「日本ベアフット・ランニングクラブ(通称:裸足ランクラブ)」発足! - ソーシャルリリース/プレスリリースの配信・方法なら【PR News】-インターネット活用でソーシャルに配信

裸足感覚のランニングシューズ|AJ SOCCER SCHOOL - MORE THAN SOCCER

裸足ランニングクラブ概要

★★★

水嶋ヒロさんは出版業界を潤す「金のなる木」
)水嶋ヒロ、作家鮮烈デビューに「身震い」 賞金2000万円は辞退していた!
)水嶋ヒロが受賞したポプラ社小説大賞って!?

★★★

)【ドラマの見どころ!】ごめん、竹野内豊が若い娘にハマッタおじさんにしか見えない。『流れ星』

AKB48 石原さとみ主演ドラマの“脇役”に激怒
ドラマの見どころ!】たしかに石原さとみのコスプレはカワイイけど、そろそろイメチェンしたら? 『霊能力者 小田霧響子の嘘』
ドリトル小栗が松雪リポートに圧勝
オリラジ藤森と加藤夏希、熱愛発覚!!

)AKB48のブログ ナゼここまで大人気か!?
はだしで走ろう 解放感+筋力アップ2010年11月2日

 スポーツの秋。ランニングがブームだが、新しい走り方を楽しむ人たちが出てきた。靴を履かずに走る「裸足(はだし)ランニング」だ。解放感が味わえる上、足の機能の強化も期待できるという。 (服部利崇)

 「ひざを柔らかーく、柔らかーく」

 東京・代々木公園の陸上競技場「織田フィールド」。今年七月に発足した「裸足ランニングクラブ」監督の吉野剛さん(36)の声掛けで、はだしの男女約十人が跳びはね、もも上げを始めた。

 一般利用者に交じって行う同クラブの定例練習会だ。仕上げは四百メートルインターバル走。靴を履いた人の中で、はだしはひときわ目立つ。

 練習会参加は二回目という東京都世田谷区の会社社長米川日出男さん(46)は「足は普段、靴で締めつけられている。靴を脱いで走ると、解放感で気持ちがいい」と話す。

 初挑戦という中野区の会社員伊藤まりさんは外反母趾(ぼし)が悩み。「はだしで走り、足裏の筋肉をつけたい」

 マラソン練習に取り入れる人もいる。百キロマラソンを目指す埼玉県三郷市の会社員藤井雅弘さん(44)は「足自体を鍛えるため、裸足ランニングを始めた。速くなった感覚はある」と話す。

      ◇

 吉野さんは裸足ランニング歴五年。足裏に傷やまめはなく、土踏まずのアーチもきちんとできている。自身の足を「柔らかく、切れにくいレザー製品」と例える。公園の芝生を走ったり、山道を駆ける「トレイルラン」を楽しんだりして鍛えた。

 はだしで移動するときは、横幅が広い足の前部分「フォアフット」で着地する。「幅の狭いかかとでの着地と比べ、歩・走行に安定性が加わる上、ふくらはぎの筋肉がスムーズに伸縮。ばねのある走りが可能になる」

 重要なのは場所選び。反発力を得られやすくするため、ある程度の硬さがあり、表面の異物に気付きやすい所がいい。陸上競技場のタータンはうってつけ。畳や体育館の床もいい。

 いきなり走るのはやめよう。「靴に頼り切った現代人の足は、本来の強さや機能が失われているから」と吉野さん。

 初心者にお勧めはその場でのジャンプ。フォアフットでの着地や、体のばねの使い方を覚えられるからだ。小さいジャンプを十回、三セットから始めよう。次はウオーキング。ゆっくりと段階を踏んで、慣れてから、ランニングに移行する。痛みなど足裏に違和感を感じたら、無理せず休む。

 「周囲の目」など、はだしに抵抗のある人は五本指シューズを履いたり、ビーチサンダルで歩いたりして、はだし感覚を磨く方法もある。

 吉野さんは「負傷するリスクは正直あるが、それ以上にメリットもある。慣れると足裏も強くなる。こんなに気持ちいい事をやらないのは、もったいない」と訴える。

 日本靴医学会評議員で慶応大医学部の橋本健史准教授(スポーツ医学)も「はだしで歩いたり、走ったりすることで、足のアーチをつくる足周囲の筋肉が鍛えられる。外反母趾の予防にも効果がある」と指摘。「走るのはウオーキングで三週間ほど慣れてから。足に負担のかかる坂道や階段ではなく、まずは平たんな場所で」と初心者にアドバイスする。

      ◇

 裸足ランニングクラブは月二回、織田フィールドで定例練習を兼ねた体験会を開いている。参加費千円。十一月は十日と二十四日。いずれも午後七時から。問い合わせは、同クラブ=電03(5770)7615=へ。

第1回「裸足(はだし)ランニング」大運動会 - スポーツエントリー


posted by ぴか at 04:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。