2011年04月23日

ランドセル大量に余る=全国から続々、行き場失う―「送る前に連絡を」・東北自治体

ランドセル大量に余る=全国から続々、行き場失う―「送る前に連絡を」・東北自治体時事通信 4月23日(土)5時33分配信

 東日本大震災の被災地で、全国から贈られたランドセルが大量に余っている。食料や衣服と違い、通常1個を使い続けるランドセルは必要な数に限りがあり、自治体の担当者は「気持ちはありがたいが、善意を無駄にしたくないので、送る前に確認の連絡をしてほしい」と呼び掛けている。
 岩手県釜石市には、全国のNGOや小学校を卒業したばかりの個人から、2500個以上が届いた。津波でランドセルを失った児童ら約500人に配り終えたが、受け取りをやめた4月以降も車や宅配便での寄贈が後を絶たず、約2000個が行き場を失っている。
 譲渡を持ち掛けた他の市町村も間に合っており、反対に「譲りたい」と言われたことも。事前の連絡なしに届けられるランドセルもあり、市教育委員会学事総務課長補佐の菊池拓也さん(50)は、「どうしたらいいか」と頭を抱える。
 宮城県にも全国から約5000個が届き、県内市町村の求めに応じて計約4000個を分配。約1000個が余ったため、無償提供を受ける予定だった大手小売店に辞退を伝えた。
 県教育庁スポーツ健康課長補佐の千葉章さん(50)は「せっかく贈ってくれたのに非常に心苦しい」と繰り返し、「1個でも2個でも渡したい。不足している学校などがあれば連絡をほしい」と話している。

首都圏地盤に力、南関東のM7級誘発も…東大研

東日本大震災(2011.3.11)
東日本大震災・2001.3.11

「被災者のお役に立ちたい」=田中好子さんが最後のメッセージ
司会者から最年長ランナーへ! 徳光和夫が『24時間テレビ』マラソンランナーに決定
水嶋ヒロ、7ヶ月ぶり公開イベントに「緊張」&謝罪の念 約1年ぶりCM出演も
悲しみのキャンディーズ“再結成” ラン、ミキ思い込め…

4月のメニュー
あさイチから・・
エコレシピ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。