2011年05月10日

GW、過去最大の11%減=JR利用客、東日本は27%マイナス

GW、過去最大の11%減=JR利用客、東日本は27%マイナス時事通信 5月9日(月)16時23分配信

 JR旅客6社と国内主要航空各社は9日、ゴールデンウイーク期間中(4月28日〜5月8日)の利用実績を発表した。JRグループ全体の新幹線と在来線特急・急行の利用者数は前年比11%減の約913万人で、東日本大震災の影響で過去最大の下落率となった。
 JR東日本は、東北新幹線の利用者が同33%減となったほか、秋田新幹線で同61%減。総武・成田線や東海道線の利用者数も低調で、全体で同27%減と過去最大の落ち込みを記録した。
 一方、JR九州は九州新幹線の全線開業効果で同23%増、JR西日本は同1%増となり、「西高東低」の結果となった。
 前年比5%減だったJR東海によると、首都圏から西に向かうツアーの販売が同8%増となった一方、首都圏に向かうツアーは同47%減だった。
 航空各社によると、国内線の利用者数は約254万人で、前年比10%減。国際線は、減便した日本航空が同31%減の約21万人だった一方、全日本空輸は16%増え約17万人だった。

渡辺謙主演で「はやぶさ」映画化
<水木しげる>89歳でマンガ連載開始 「ゲゲゲの家計簿」 下積み時代の苦労を生々しく

東日本大震災(2011.3.11)
東日本大震災・2001.3.11

5月のメニュー
4月のメニュー
あさイチから・・
エコレシピ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。