2011年08月09日

電力需要、震災後最大を更新=融通にも限界―東電・東北電

電力需要、震災後最大を更新=融通にも限界―東電・東北電時事通信 8月8日(月)18時4分配信

 東京、東北両電力の管内では8日、ピークの消費電力が東日本大震災後の最大値を更新した。気温の上昇でエアコンなどの使用が増加したとみられる。東北電は需給の逼迫(ひっぱく)を受け、東電に緊急支援を要請。計110万キロワットの融通を受けたが、さらなる追加融通の余地は乏しい。暑さが厳しさを増す中、東北電の水力発電停止もあり、需給は正念場を迎えそうだ。
 8日の最大消費電力は午後2〜3時に東電が4661万キロワット、東北電が1230万キロワット。東北電管内では一時供給余力が1.88%まで低下し、東電から30万キロワットの追加融通を受け急場をしのいだ。
 ただ、東電から東北電への融通は最大140万キロワット。両電力をつなぐ送電線などの設備の限界により「これ以上は難しい」(東北電)という。また、東電管内の供給力に余裕があるときに限られるため、確実に受けられるとは限らない面もある。 
posted by ぴか at 06:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。