2011年12月12日

今年の漢字は「絆」=震災、なでしこなど反映―漢検協会

今年の漢字は「絆」=震災、なでしこなど反映―漢検協会時事通信 12月12日(月)14時4分配信

 漢字1文字で一年の世相を表す毎年恒例の「今年の漢字」が12日、「」に決まった。

東日本大震災をはじめ台風やタイの大洪水など災害が相次ぎ、人と人の絆の大切さが見直されたことや、サッカー女子ワールドカップ(W杯)で初優勝した「なでしこジャパン」のチームワークなどが反映された。

 発表会場となった京都市東山区の清水寺では、森清範貫主が大きな「熊野筆」で「絆」と揮毫(きごう)した。13日午前10時から31日正午まで同寺本堂で一般公開される。

 森貫主は記者会見で、絆が選ばれることを予想していたとし、「この絆をもって皆さんが一つの心になり、日本をこれから力づけていただきたいという思いを込めた」と語った。その上で「来年はこの絆を受けて、力の出るような一字になればありがたいと思っている」と話した。 

今年の漢字は「暑」 京都・清水寺で発表(2010年)
posted by ぴか at 19:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今年の漢字
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。