2007年03月24日

[ 「僕らの音楽」ミスチル&阿木耀子

3月23日「僕らの音楽」ゲストは

3月14日にアルバム「HOME」を発売したMr.Children

僕らの音楽」での対談相手は、1975年作詞家としてデビュー以来、作った楽曲は938曲という阿木耀子さん

僕らの音楽」番組でライブした楽曲は

 @2006年       ・・・「しるし」
 A5Thアルバム「深海」・・・・「Mirror」(1996年)
 B新作アルバム「HOME」・・「彩り」いろどり

新作「HOME」は日常の何気ない感情や景色を大事にしていきたいというテーマでつくられているそうです

僕らの音楽」で披露した「彩り」は、サーフィン仲間とのつきあいから思い巡らせて出来上がった作品のようでした。

僕らの音楽」桜井和寿さん&阿木耀子さんの対談は、言葉の使い方や、作詞の方法、詩の言葉が浮かぶ瞬間等、とても盛り上がり楽しい様子が伺えました。

僕らの音楽」での阿木耀子さんのつるつる、ぴかぴかしたお顔や若々しくて優しげな雰囲気に魅せられ、桜井和寿さんの力強い歌声に魅せられた、極上の時間でしたわーい(嬉しい顔)

僕らの音楽 http://www.fujitv.co.jp/ourmusic/mrchildren2.html

ミスチルの「HOME」は
発売された先週、69.3万枚の売り上げで首位。3/20付デイリーアルバムランキングでも首位。
デビュー15周年にふさわしいアルバムとなりました
http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/43156/
oricon style http://www.oricon.co.jp/



banner_02.gif

阿木耀子さんは1975年「港のヨーコヨコハマヨコスカ」で作詞家デビュー以来、作詞した数は・・なんと938

山口百恵さんの作品79曲・1979年「魅せられて」でレコード対象を受賞・・(昨年秋は、映画監督もされている・・という才能あふれる方)

僕らの音楽」で阿木耀子さんは、桜井和寿さんの詩に刺激を受ける・・大先輩にも関わらず、素直に語っていたのが印象的でした。
桜井和寿さんの詩に繰り返しを使わない・・ことに随分と尊敬されていた様子。

僕らの音楽」で、桜井和寿さんは阿木耀子さんの、詞を「自由」「変わった言葉を使っている」・・ところに惹かれると語っていました。
阿木耀子さんは作詞をする際には「致死量に満たない毒を入れるようにしている・・」と語っています。

僕らの音楽」★言葉の使い方や、作詞の方法、詩の言葉が浮かぶ瞬間等、楽しい対談の模様が伝わってきたのでした。


posted by ぴか at 04:35 | Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【僕らの音楽3】桜井和寿×阿木耀子
Excerpt: 僕らの音楽3 番組的にはミスチル×阿木耀子となってましたけど、どうみても桜井オンリーな企画に見え、次週の藤巻(レミオロメン)といいボーカルって得。 M1「しるし」 M2「M..
Weblog: m2音楽の旅
Tracked: 2007-03-24 16:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。