2007年03月24日

ケータイ小説の広がり

ケータイ小説が流行りだしたのは昨年の秋ごろかな
本屋さんに平積みされている本が、ケータイ小説(携帯小説)と知り、へぇ・・なんてめくってみたところ・・

横書き・・カッコつき「」文章ばっかりなんだなぁ・・と思っていました・・

そのケータイ小説、10代から20代の女性に大うけ中との話題がテレビワイドショーでされてました

ケータイ小説の人気作家・OLの十和さん(26歳・キレーな人でした)がインタビューに答えてました
十和さんはケータイ小説「クリアネス〜限りなく透明な恋の物語」で「第一回ケータイ小説大賞」を受賞
初版15万部は売りきれ、3万部増刷・・とのこと
小説の読者は中高生の女の子なんだそうです・・

ケータイ小説家・十和さんは、大作を書き上げたなんて意識はなく、ストーリーもファンの希望にあわせて、変化していったなんてお話をされてました

ちなみに、現在もっとも売れているケータイ小説
 ★ 美嘉 「恋空」上下巻 125万部
らしいです。

ケータイ小説を始めて本屋さんで見かけたのはyoshiさん「Deep Love」ではないでしょうか
yoshiさん原作でテレビドラマ(翼の折れた天使)もありましたよね
yoshiさんのケータイ小説「Deep Love」これは平成12年に配信、映画化もされてるとか・(◎-◎)
全然知りませんでしたー
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/44242/

まだまだ広がっていくケータイ小説・・
今度、読んでみよう

banner_02.gif  


posted by ぴか at 09:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。