2007年04月13日

船越英一郎、25年目で連ドラ初主演

船越英一郎、25年目で連ドラ初主演
 俳優の船越英一郎(46)が13日、都内のホテルでテレビ朝日系「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル」(26日スタート、木曜・後8時)の制作発表に出席した。

 “2時間ドラマの帝王”船越の連ドラ初主演作となるが「この仕事を始めたころから『どっかで、いつかは』と思ってやってきた。(役者生活)25年もかかりましたが、感慨はひとしお」と喜んだ。この日は、49回目のバースデーを迎えた共演の萬田久子を祝福。萬田は「視聴率で『華麗なる一族』を超えたい」と意気込んだ。
(2007年4月13日16時43分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070413-OHT1T00135.htm

船越英一郎が副署長役で連ドラ初主演
4月14日9時39分配信 日刊スポーツ
 船越英一郎(46)が連続ドラマに初主演するテレビ朝日系「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル」(26日スタート、木曜午後8時)の制作発表が13日、都内で行われた。警察でも裏方役の副署長がドラマの主人公になるのは初めて。船越は「話を聞いた時は副署長でどうかなと思ったけれど、魅力的な男にしてもらった。この作品で定年を迎えられるよう、私のライフワークにしたい」。
 エリート署長(萬田久子)や勝ち気な妹(田中美里)に囲まれ、「我慢、我慢」が口癖で「おれの我慢もここまでだ」と言って捜査に飛び出す。初の連ドラ主演に「プレッシャーが大きいほど燃える。でも、これから毎週(視聴率が発表される)金曜日が怖いね」と話した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070414-00000017-nks-ent


posted by ぴか at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。