2007年04月14日

樹木希林「『時々オトン』からファックス」

樹木希林「『時々オトン』からファックス」 リリー・フランキー(43)さんのベストセラーを映画化した「東京タワー オカンとボクと、時々オトン」(松岡錠司監督)が14日封切られ、都内の劇場で「ボク」を演じたオダギリジョー(31)、「オカン」の樹木希林(64)らが舞台あいさつした。樹木は、歌手・内田裕也(67)との別居生活を引き合いに出しながら、「我が家の『時々オトン』から昨日、久しぶりにファクスが来ました。『明日初日だろ。頑張れ、ロックンロール。俺も一両日中に見に行くからな』って。一番(初日を)気にしてるのは我が家の時々オトンです」と観客の笑いを誘っていた。

(2007年4月14日14時56分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070414-OHT1T00153.htm


posted by ぴか at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

リリー・フランキー
Excerpt: 家族の絆を紡ぐ『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』オダ…リリー・フランキーが亡き母への思いを中心に、親と子、社会と個人、時代によって変わるものと変わらぬも… 2007/04/16 23:10:..
Weblog: gadssadhd
Tracked: 2007-04-17 10:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。