2007年04月16日

妻夫木憑神に米米の御利益 

妻夫木憑神に米米の御利益 人気ユニット・米米CLUBが俳優・妻夫木聡(26)主演の時代劇映画「憑神(つきがみ)」(降旗康男監督、6月23日公開)の主題歌を担当することが15日、分かった。米米が映画主題歌を書き下ろすのは「手紙」以来、13年ぶり。タイトルは「御利益(ごりやく)」で6月20日に発売。公開に合わせ、京都・太秦の東映撮影所に“御利益神社”が建立されることも決まった。(2007年4月16日06時01分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070416-OHT1T00047.htm


昨年9年ぶりに復活した米米クラブが映画の主題歌を手がけることになりました。米米が映画の主題歌に取り組むのは13年ぶりとのこと。

妻夫木聡主演の「憑神」は人気作家・浅田次郎さん(55)原作の時代劇で、貧乏神、疫病神、死に神にとりつかれる下級武士の姿をコミカルかつハートフルに描いている。

和のテイストにお祭り的楽曲をという監督の希望に米米はぴったりです


posted by ぴか at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

憑神 -つきがみ-
Excerpt: 無職・バツイチ・次男坊。神に頼めばさらにどん底一直線!? 時は幕末──とは言っても、龍馬や新撰組などなど、男たちの思想に激しく揺れた京とはかけ離れ、持ち前の潔さがテンション低めの“あきら..
Weblog: アビ★シネマ -映画館で見たい映画
Tracked: 2007-06-12 09:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。