2007年04月24日

<不二家>品数不足で売り上げ低迷 FC店廃業も増える

<不二家>品数不足で売り上げ低迷 FC店廃業も増える4月23日19時16分配信 毎日新聞
 大手菓子メーカーの不二家がケーキなど洋菓子の販売を再開してから23日で1カ月たったが、再開直後は好調だった売り上げも品数不足などから低迷している。フランチャイズ(FC)店の廃業も日を追うごとに増えており、再建の行方は不透明感を増しつつある。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070423-00000077-mai-bus_all

販売再開後1〜2週間は再開を待っていた人たちの需要もあって、洋菓子の売り上げは前年を上回っていたそうです。しかし、現在はほぼ全店で前年同期の売り上げに届かない状況で、不二家は「低迷の一因は品数不足」(桜井康文社長)と説明しているそうですが・・

消費者からすれば・・一度は、買ってみよう・・と思う人もいたかもしれない・・でも・・現在は不二屋以外にも洋菓子店は、たくさんあります・・すごく美味しいお店とか、いつ行ってもなにか新しい商品が入っているとか・・等の工夫がなければ、何度も、お店に足を運ぶことはないのが現状だと思います・・
不二屋のお店にそういった工夫等があるでしょうか??
ものめずらしさで一度は運んでも、そのあとが続くか・・は疑問です。また、不祥事問題を気にして行かないという人もたくさんいるのではないでしょうか??

不二家は洋菓子の販売再開前、FC店に対し「再開後は前年の7〜8割、半年後には前年並みの売り上げが見込める」と説明していたとそうですが・・難しいような気がします・・
「4月からはFC店に対する休業補償を打ち切り営業支援金に切り替え、FC店が手にする金額は大幅に減った。売り上げに不安があるうえ、支援金にも不満なFC店主を中心に店舗閉鎖は増加しており、23日現在で販売停止前の14%に当たる112店が廃業、閉鎖店はじわじわ増えつつある。
 不二家の経営を支援する山崎製パンは「不二家は『以前の4〜5割程度の品数でいける』と判断していたはずだが……」(首脳)と不二家の見通しの甘さにいら立ちを隠さず、山崎との不協和音も懸念される事態になっている。」4月23日19時16分配信 毎日新聞http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070423-00000077-mai-bus_all





タグ:不二家
posted by ぴか at 06:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。