2007年04月26日

サトエリ主演映画カンヌへ

サトエリ主演映画カンヌへ 女優・佐藤江梨子(25)の主演映画「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」(吉田大八監督、夏公開)が5月の「第60回カンヌ国際映画祭」の批評家週間部門に出品されることが25日、分かった。

 原作は本谷有希子さんの舞台。サトエリ演じる姉・澄伽(すみか)と佐津川愛美(18)演じる妹・清深(きよみ)との姉妹バトルを描き、サトエリは自意識過剰な勘違い女で女優を目指すが売れない女性を熱演。サトエリは「光栄にうれしく思っています。ビックリして、まだ心が頭が驚きっぱなしです」とコメント。批評家週間は監督作品2作目までが対象で、吉田監督は18年に及ぶCMディレクターの経験を持つが、長編初監督作品。

(2007年4月26日06時01分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070426-OHT1T00038.htm


posted by ぴか at 08:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。