2007年05月14日

タキツバ「24時間テレビ」記念の30回目で司会

タキツバ「24時間テレビ」記念の30回目で司会 滝沢秀明(25)と今井翼(25)の人気ユニット・タッキー&翼が、今年で30回目を迎える日テレ系「24時間テレビ30 愛は地球を救う」(8月18〜19日放送)のメーンパーソナリティーを務めることになり13日、横浜アリーナで行った全国ツアー追加公演で発表された。この日、初披露した2人の楽曲「SAMURAI」も番組応援ソングに内定。今秋デビュー5周年のタキツバが、この夏、日本の風物詩を盛り上げる。

 今年で30回目となる国民的番組の顔にふさわしい、タキツバの笑顔だった。この日、2人は昼夜2公演で、ファン3万人に大役を務める喜びを報告。番組会場の東京・日本武道館に負けない歓声がアリーナを包んだ。

 同局の松岡至チーフプロデューサーは「幅広い世代から支持を得ている。スマートなイメージがあるが、チャリティー番組を通して、汗をかき涙する姿も見たい」と起用。同局系プロ野球中継のイメージソング「SAMURAI」(今夏発売)も応援歌として採用する意向で、「振り付けも覚えやすく、親しみやすい曲が多い」とタキツバソングを軸に、日本中が一体となる企画を考案中。

 今年のテーマは「人生が変わる瞬間(とき)」。人生を変えた出会いなどにスポットを当てながら、番組30年の歴史も振り返る構成。翼がダーツの旅で全国を飛び回り、お年寄りと触れ合うシーンも見られる。

 カラオケの締めでは必ず番組テーマ曲「サライ」を熱唱するタッキーは、過去98年、04年と同番組内のドラマ主演はあったが、初パーソナリティーに「ついに来たか、という感じ。24時間、ステージで歌い続けたいくらい」。滝沢に紹介されたボクシングジムで肉体改造中の翼も「体力はバッチリ。30回の大事な記念でありがたいし、日本中を温かくしたい」と意気込む。

 9月のデビュー5周年に向け、タッキーは7月に座長舞台「滝沢演舞城2007」(新橋演舞場)、8月には翼も大阪・松竹座で踊りを中心とした特別公演が決定。まさに息つく暇もないが「5周年に向け、どんどん勢いをつけていきたい」とタッキー。ユニットと番組のダブルの節目に、真夏の24時間を熱くする。

(2007年5月14日06時00分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070514-OHT1T00047.htm

た、タキツバ???タッキー&翼の略称なんですって。

今日のウチゴハンはカレー風味新じゃが


posted by ぴか at 07:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 24時間テレビ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。