2007年05月25日

鬼太郎 東京・調布駅前の石こう像、盗まれる 

鬼太郎 東京・調布駅前の石こう像、盗まれる 
5月25日17時29分配信 毎日新聞
 漫画家、水木しげるさん(85)の作品の人気キャラクターで、東京都調布市の京王線調布駅北口の天神通りにある「ゲゲゲの鬼太郎」の石こう像が盗まれていたことが分かった。地元の商店会は「誰がこんなひどいことをしたのか。像は商店街のシンボルで、早く元の場所に戻してほしい」と憤っている。
 調布市に水木さんが在住していることから、市では鬼太郎をマスコットに使った街おこしを進めている。石こう像は96年、地元の天神通り商店会が同市や都の補助を受け、約1100万円かけて製作。200メートルほどの通りに、鬼太郎やねずみ男、猫娘、子泣き爺(じじい)の像が置かれている。
 同商店会が盗難や破損に気付いたのは先月下旬。高さ約50センチほどの鬼太郎の像が台座から引きちぎられるようになくなっていた。子泣き爺の像も頭が棒のようなもので割られて大きなひびが入り、穴も開いていた。5年ほど前にも像の一部がもぎとられるいたずらがあったが、像の盗難は初めてという。
 同商店会は、警察に相談したが、犯人は見つかっていない。通りの近くには水木さんのプロダクションもあり、「水木先生も商店街を通った折りに嘆いていたと聞いた。私もこれほどがっかりしたことはない」と商店会の役員の男性は怒りをあらわにする。
 水木さんの出身地、鳥取県境港市でも90年代、「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する妖怪の像が盗難に遭う被害があった。【金田健】

最終更新:5月25日17時29分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070525-00000019-maip-soci


posted by ぴか at 19:47 | Comment(0) | TrackBack(3) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

やっと捨てました!
Excerpt: 初めてだったけど、、身体的にもお財布的にもサポートしてもらえて、ホント感動しました!!!
Weblog: 童貞
Tracked: 2007-05-26 16:32

仕事低調小雪の身辺事情
Excerpt: 先週ハリウッド女優の小雪が、30代後半で日米ハーフの浮世絵画商A氏との“寿司屋デート”をフライデーされたもよー。 2人は東京・神田神保町の寿司屋でランチした後、仲良く連れ立ってA氏の画廊を訪れたという..
Weblog: 世界萌え萌え旅日記
Tracked: 2007-06-01 10:45

四日で50マン(笑)
Excerpt: オタクのドウテイキャラのフリして入ったら、やりまくりのもうけまくり(笑)
Weblog: 林田
Tracked: 2007-06-04 03:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。