2007年05月27日

国分太一が和服であいさつ…単独主演映画公開

国分太一が和服であいさつ…単独主演映画公開 人気アイドルTOKIOの国分太一(32)が単独初主演した映画「しゃべれども しゃべれども」(平山秀幸監督)が26日公開され、都内の劇場で初日舞台あいさつが行われた。

 売れない二つ目の落語家・今昔亭三つ葉を演じた国分は、劇中と同じ着物の噺(はなし)家姿で登場。「台本に落語のシーンはほとんどないって(平山監督に)聞いていたのに、フタを開けてみたら横から別の台本が出てきて、ものすごく(落語を)覚えないとだめだった」と笑いながら、平山監督をチラリ。「監督、今度はひきょうな手を使わずにお願いします」と“オチ”をつけた。

 この日は共演の香里奈(23)、伊東四朗(69)も着物姿で登壇。最後は全員で三本締めを行い、ヒットを祈願した。

(2007年5月27日06時00分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070527-OHT1T00024.htm

国分太一さん主演の映画「しゃべれども しゃべれども」(平山秀幸監督)はとても温かくて、さわやかなな映画のようです。国分太一さんのイメージにも重なりますね。舞台となる場所は東京は下町。国分太一さん自身が東京都東久留米市という郊外の町の普通の公団住宅で育っているので、とてもなじみやすかったようです。
映画は落語と下町という、古い主題を扱っている用に最初は思いましたが、他人とのコミュニケーションがうまく取れないという悩みを持つ主人公達のお話しは今にぴったりです。

☆映画「しゃべれどもしゃべれども」☆

原作:佐藤多佳子しゃべれどもしゃべれども」は1997年「本の雑誌」ベスト10・第1位に輝いた小説他最新作は『一瞬の風になれ』(講談社)

監督:平山秀幸 1997年『愛を乞うひと』
他レディ・ジョーカー(2004)・OUT(2002)・笑う蛙(2002)
・ターン TURN(2001)・学校の怪談シリーズ

脚本:奥中佐渡子

出演: 国分太一、香里奈、森永悠希、松重豊、八千草薫





posted by ぴか at 07:12 | Comment(0) | TrackBack(2) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

逆のダッチ人形!
Excerpt: 色々と命令されて人形みたいに扱われるバイトを発見した!ヤバい(笑)
Weblog: NYようすけ
Tracked: 2007-06-01 10:00

四日で50マン(笑)
Excerpt: オタクのドウテイキャラのフリして入ったら、やりまくりのもうけまくり(笑)
Weblog: 林田
Tracked: 2007-06-03 19:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。