2007年06月06日

日本、キリンカップ優勝 コロンビアと分ける=サッカー日本代表

日本、キリンカップ優勝 コロンビアと分ける=サッカー日本代表6月5日21時22分配信 スポーツナビ


 サッカー日本代表は5日、国際親善試合「キリンカップ2007〜ALL FOR 2010!〜」でコロンビア代表と埼玉スタジアム2002で対戦し、0−0で引き分けた。この結果、日本は1勝1分けでコロンビアと並んだが、得失点差で上回り、3大会ぶりの優勝を果たした。

 日本は中村俊、高原、稲本、中田の海外組4人がそろって先発に名を連ねた。前半は両チーム共に様子をうかがいながら一進一退の攻防。日本はコロンビアに押し込まれる場面も見られたが、0−0のまま前半を終えた。
 後半に入ると、オシム監督は中田に代えて今野、稲本に代えて羽生を投入。序盤から猛攻を仕掛けるが、ゴールには至らず。後半35分には巻を投入して2トップにし攻勢を強めるが、決定力を欠いた。

 日本は今後、7月7日開幕のアジアカップ(東南アジア4カ国共催)で3連覇を目指す。初戦は同9日のカタール戦(ハノイ)となる。

GK:1 川口能活(cap)
DF:3 駒野友一、6 阿部勇樹、22 中澤佑二、4 中田浩二→15 今野泰幸(後半0分)
MF:7 遠藤保仁→9 巻誠一郎(後半35分)、13 鈴木啓太、14 中村憲剛、10 中村俊輔→17 藤本淳吾(後半43分)、28 稲本潤一→8 羽生直剛(後半0分)
FW:19 高原直泰→12 播戸竜二(後半45分)

サブ:23 川島永嗣、27 水本裕貴、5 橋本英郎、16 山岸智、21 水野晃樹、24 本田圭佑、11 佐藤寿人
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070605-00000029-spnavi-socc
最終更新:6月6日0時9分

以下は試合後の、中村俊輔(セルティック)のコメント。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070605-00000039-spnavi-socc
「(ピッチコンディションに苦しんでいたが)慣れが必要。前半は芝に突っ掛かった。ドリブルもしづらいし、向こうもしづらそうだった。相手は上のレベルのチームなので、粘り強い気持ちで行くように監督に言われた。激しく行けとも言われた。

 良かったのは前半の守備。これほど強いチームはガーナ戦以来だと思うけれど、(ビデオで見た)ガーナ戦でもあそこまでは行かなかった。変に飛び込んだりせず、連動して守って、人のために走る。監督もハーフタイムで、もっと周りがサポートするようにと言っていた。コロンビアのようなチームとやれてよかった」
最終更新:6月5日23時20分

以下は試合後の、中村憲剛(川崎)のコメント。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070605-00000037-spnavi-socc
「相手は速かったし、前半は特に中盤で押し切られた。最初の15分くらいはプレッシャーが強かった。今日はシンプルなプレーを心掛けた。誰かに当てても正確に返ってくるし、自分が上がっても周りがサポートしてくれるので、どんどん行こうと思った。
 素早い判断が求められた。中盤のプレスは速かったけれど、バイタルエリアに入ればそんなに厳しくはなかった。コロンビアは球際が強く、うまい。後半はちょっと疲れてきて、ラフなプレーも多かった。

(キリンカップについて)普段の練習を意識ながら臨むことができたし、充実した部分もあったけれど、課題もあった。いつものことだけれど、ミスが多い。パスのタイミングとか、走りながらのコントロールとか、まだまだだと思う。
(決定機でシュートを外したことについて)長い距離を走ってからでも冷静に決められないといけない」
最終更新:6月5日23時19分


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

キリンカップ優勝のこと
Excerpt: ブログから検索 シェフの気まぐれブログ:ひろたむちゃん晩ごはん - livedoor Blog ...サッカー日本代表、キリンカップ優勝!強豪コロンビアと引き分け (めざせJ1、日本フットボールリーグ..
Weblog: キーワードフィッシュ
Tracked: 2008-11-20 14:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。