2007年06月13日

<はしか>患者数、流行開始以来初めて減少 ピーク越える

今年に入ってから流行り始めたはしか
大学では休講などが相次ぎ、随分心配されましたが、ようやく減少しつつあるようです。

国立感染研究所のまとめでは、先月28日から今月3日までに全国約450の医療機関から報告されたはしか患者(15歳以上)数が65人となり、前週の82人を下回ったと12日に発表しました。はしか患者数が前週を下回ったのは約1カ月ぶり。14歳以下も減少しているようです。

 都道府県別には、東京都が前週と同じ23人、前週、東京に次いで多かった宮城県は15人から9人に、埼玉県も8人から2人に減りました。ただ、逆に神奈川県は10人から12人に増えています。
国立感染研究所では、「減少傾向が見られたが、まだ注意が必要」と話しています。

厚生労働省が8日、発表したところによると・・4月1日から6月2日までに休校した学校は143校。内訳は、大学54校・高校34校・高専18校・中学校9校・小学校6校。学年学級閉鎖を含めると191校になり、患者数は1771人となったそうです。


<はしか>患者数、流行開始以来初めて減少 ピーク越える
6月12日20時53分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070612-00000089-mai-soci

若者のはしか、西日本へも拡大


タグ:はしか
posted by ぴか at 03:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。