2007年06月13日

九州、四国で梅雨入り

毎日、暑い日が続いてますーー。6月にしては珍しいこと・・
友人が住んでいる、北海道の帯広では33度になったとか・・つい10日前までストーブを使ってたのにぃーーと、暑さに参っている様子・・

今日13日、九州北部、四国地方で梅雨入りしたようだとの発表がありました。

九州北部の梅雨入りは、平年に比べ8日遅く、昨年の比べ5日遅いそうです。
また、四国地方では、平年に比べ9日遅いのだそうです。

今年は、ラニーニャ現象の発生の影響もあり、梅雨明けが早くなるうえ、夏場には気温が高めで少雨となる傾向があるのだそうです。
猛暑と渇水が心配されています。

ラニーニャ現象:http://pikamama0117.seesaa.net/article/41753460.html

梅雨短く、夏は猛暑・渇水…気象庁がラニーニャ観測
6月12日0時58分配信 読売新聞
 ラニーニャ現象は、太平洋の中央部より東側の赤道付近で、海面水温が平年より0・5度以上低くなる現象。同じ海域の海面水温が上がるエルニーニョ現象と同様、世界規模で異常気象の原因となることで知られ、1949年以降では今回で13回目の観測となる。

 ラニーニャ現象が発生すると、太平洋の西側では逆に水温が高くなって水蒸気の発生が活発になるため、日本付近では夏場に太平洋高気圧の勢力が一層強まる。それに伴い、晴天が続いて雨が少なく、猛暑になることが多い。特に今年は3〜5月の降水量が少なかったため、夏場は渇水の恐れがあるという。
最終更新:6月12日0時58分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070611-00000016-yom-soci


posted by ぴか at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。