2007年06月14日

な、な、なんと女が3代目・座頭市襲名

な、まんと綾瀬はるかさんが、映画「座頭市」で主役の「市」を演じているのだそうです。

な、な、なんと女が3代目・座頭市襲名
 故勝新太郎さんが主演した代表映画「座頭市」の新シリーズが製作され、主役「市」の3代目は女性が演じる。タイトルは「ICHI」で、08年公開。女優の綾瀬はるか(22)が、三味線を背負い一人さすらう“女座頭市”に扮する。

 ≪綾瀬はるかアクション初体験≫「いやな渡世だなあ」の名ぜりふで悪人を斬り捨てるダークヒーロー、座頭市。勝さん、2代目のビートたけし(60)に続く3代目を、女優が“襲名”する。

 綾瀬は、TBSのドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」(04年)やポカリスエットのCMでブレーク。シンの強さを感じさせる表情が人気で、映画主演は「僕の彼女はサイボーグ」(08年公開)に続き2作目。中沢敏明プロデューサーは「強くて美しい女性は綾瀬さん以外はあり得なかった」と期待を寄せる。

 今作では、主人公の「市」を女性にするにあたり設定を変更。整体などを行う「座頭」から、三味線を背負った盲目の芸者「離れ瞽女(ごぜ)」にした。武器となる仕込みつえや、逆手刀殺法はそのまま引き継がれる。

 座頭市は、子母沢寛(しもさわ・かん)氏の随筆をもとに、勝さん主演で62年から89年まで26本の映画が製作され、テレビシリーズにもなった。

 03年には北野武監督が映像化し、自ら主演。時代劇なのに金髪という設定で驚かせた。ベネチア国際映画祭では監督賞を受賞した。

 いずれも殺陣が見どころの1つだ。女性版では「影武者」「乱」など、故黒澤明監督の作品で殺陣を指導した久世浩氏が担当。米映画「タイタニック」(97年)のCGを手掛けた曽利文彦監督(43)の技術を効果的に融合させ、対決シーンを作り上げる。曽利監督は「時代劇の伝統を守り、かつ新しいスタイルを追求したい」と意気込む。

 撮影は先月3日から、山形県鶴岡市などで行われている。アクション初体験の綾瀬は、小さなケガが絶えないというが「座頭市や時代劇ファンをがっかりさせないように一生懸命頑張ります」と気合が入っている。

 <悪党は中村獅童>敵役は歌舞伎俳優の中村獅童(34)が演じる。市の行く手を阻む万鬼党の頭領、「万鬼」役で、市が流れ着く宿場町を食い物にしている悪党で、町を取り仕切る白河組との争いを激化させていく。白河組の若き2代目「虎次」は窪塚洋介(28)。2人とも映画「ピンポン」(02年)で曽利作品に出演しており、同監督は「再結集は監督として感無量です」。
[ 2007年06月14日付 スポニチ Sponichi Annex ニュース 芸能http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/06/14/02.html
綾瀬はるか主演の新ドラマ決定


タグ:綾瀬はるか
posted by ぴか at 12:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

菊次郎とさき
Excerpt: [7月スタート] ビートたけし原作ドラマ「菊次郎とさき」最新情報
Weblog: 菊次郎とさき
Tracked: 2007-06-15 06:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。