2007年06月16日

こんにゃくゼリー食べ男児死亡=遺族が伊勢市など提訴

こんにゃくゼリー食べ男児死亡=遺族が伊勢市など提訴−名古屋地裁
6月15日22時1分配信 時事通信
 三重県伊勢市で3月、小学1年の男児=当時(7)=が学童保育所で出されたこんにゃくゼリーをのどに詰まらせ死亡したのは、ゼリーの形状や保育所側の対応に問題があったとして、両親が15日、製造元のエースベーカリー(愛知県小牧市)と伊勢市を相手に計約7500万円の損害賠償を求める訴訟を、名古屋地裁に起こした。
 死亡したのは、伊勢市の会社員村田昌也さん(45)の長男龍之介君。
 訴状によると、龍之介君は3月23日夕、学童保育でおやつとして出されたこんにゃくゼリーをのどに詰まらせ死亡した。両親は、同社にはゼリーの大きさなど安全性に対する配慮が欠けており、学童保育所を実質的に運営する伊勢市は安全配慮義務があるのに怠ったとしている。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070615-00000230-jij-soci
最終更新:6月15日22時1分

こんにゃくゼリーで2児が窒息死=事故多発


posted by ぴか at 03:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。