2007年06月24日

竹内結子、ドタバタです…「サイドカーに犬」封切り

竹内結子、ドタバタです…「サイドカーに犬」封切り
笑顔でファンに応える竹内結子・松本花奈
 女優の竹内結子(27)の約1年半ぶりの映画復帰作「サイドカーに犬」(根岸吉太郎監督)が封切られ、東京・シネスイッチ銀座で竹内らが舞台あいさつを行った。

 マイクの調子が悪く、共演の松本花奈(9つ)、古田新太(41)らとマイクを交換し合いながらのあいさつに「なにやらこういうドタバタが似合う映画なんでしょうか」と苦笑い。初共演で竹内の恋人役を演じた古田は「竹内さんファンのみなさん、すみません! 至福の時を過ごさせていただきました」と客席に向かって頭を下げた。夫で歌舞伎俳優の中村獅童(34)との離婚の話し合いについては進展はないという。
(2007年6月24日06時00分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070624-OHT1T00073.htm

「サイドカーに犬」

芥川賞作家、長嶋有のデビュー作を映画化した、心温まるヒューマンドラマ。
『雪に願うこと』の根岸吉太郎監督が1980年代の夏を舞台に、内気な少女と破天荒な女性の心の交流を優しくつづる。
2年ぶりの映画出演となる竹内結子がヒロインを好演し、さばさばした勝ち気な女性という役でこれまでにない魅力を発揮。
子役の『ハリヨの夏』の松本花奈と息の合った芝居をみせる。
等身大の登場人物たちの悩みや苦しみが共感を呼ぶ。
《ストーリー》
不動産会社勤務の薫(ミムラ)は、ある日、有給をとって釣堀に出かける。彼女は少女にエサをつけてあげながら、20年前の刺激的な夏休みを思い出していた。母の家出後、ヨーコ(竹内結子)という若く美しい女性が夕飯を作りに現れる。型破りだが温かい心を持つ彼女に、小4の薫(松本花奈)はすっかり魅了されるのだった。 (シネマトゥデイ)
監督 根岸吉太郎

竹内結子に場内歓声…映画「サイドカーに犬」


posted by ぴか at 06:42 | Comment(0) | TrackBack(2) | 竹内結子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

竹内結子が意味深発言連発
Excerpt: 女優の竹内結子が23日、都内の劇場で主演映画「サイドカーに犬」の公開初日の舞台あいさつを行った。一部で、7月にも夫で歌舞伎役者の中村獅童との離婚が成立すると報じられ、その言動に注目が集まっている竹内結..
Weblog: 世界萌え萌え旅日記
Tracked: 2007-06-25 04:48

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-07-02 02:12
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。