2007年06月29日

官能のヒロイン小島可奈子が抱かれる…

官能のヒロイン小島可奈子が抱かれる…
 「失楽園」「愛の流刑地」などで知られる作家・渡辺淳一氏(73)の短編小説「泪壺(なみだつぼ)」が映画化されることになり、女優の小島可奈子(31)がヒロイン役に抜てきされた。いしだ壱成(32)との絡みもあり、体当たりの“艶技”も注目される。渡辺文学への出演に小島は「夢がかなった」と感無量の様子。瀬々敬久監督のメガホンで、来年初めにも公開される。

 仕事の方向性を見いだせずに1年半ほどの休養を経て、昨年11月発売のヌード写真集「Moon&Sun」で芸能界復帰した小島。06年発売の写真集として最高となる3万部突破の余勢をかって、今度は渡辺氏の官能の世界に身を投じる。最近では“鈍感力”でブームを起こしている渡辺氏だが、「泪壺」は性描写もある愛の物語。小島が“敏感力”を研ぎ澄ませる。

 妻の愁子を乳がんで亡くした雑誌編集者の新津雄介が土に遺骨をまぶして壺を作成。その後、ピアノ教師の朋代と交際を始めるが、亡き妻の分身とも言える壺の存在ゆえか、悲しい結末を迎える。これが原作のストーリーだが、映画では愁子と朋代が姉妹という設定。小島扮する姉の朋代が、壺の前で罪悪感を抱きながら新津に抱かれる場面も見どころだ。新津役を川合千春(34)との交際が発覚したいしだが演じ、妹役は佐藤藍子(29)が扮する。

 小島はこれまで北野武監督の「菊次郎の夏」や伊藤秀祐監督の「ピカレスク」などに出演してきたが、主演は初めて。渡辺文学への挑戦に「“失楽園”を見たのは高校生の時でした。激しすぎるほどの愛情と官能の世界にショックを受け、同時にひそかなあこがれを抱いていました。10数年来の夢がかなったとうれしく思っています」とコメントしている。

 製作のアートポートは「“セカチュー(世界の中心で、愛をさけぶ)”のような純愛テイストも含んだ物語。文芸ロマンスとして期待してほしい」とアピールしている。

 ◆小島 可奈子(こじま・かなこ)1975年(昭50)9月17日、福岡県生まれの31歳。高校卒業後、福岡ドーム(福岡Yahoo!JAPANドーム)のドームクイーン(案内役)などを務めている時にスカウトされ、96年に芸能界入り。今年3月に高橋克典主演のテレビ朝日系ドラマ「特命係長・只野仁」でセミヌードを披露し評判に。特技は手話。1メートル60、血液型A。
[ 2007年06月29日付 スポニチ Sponichi Annex ニュース 芸能http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/06/29/01.html ]

川合千春、いしだ壱成と「先月から同棲中」
川合千春 結婚秒読み!?いしだ壱成すべて好き
壱成と交際!川合千春は幸せです 


posted by ぴか at 08:47 | Comment(0) | TrackBack(3) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

カミさんの悪口2 はもう一度見たいドラマです
Excerpt: 官能のヒロイン小島可奈子が抱かれる…官能のヒロイン小島可奈子が抱かれる… 「失楽園」「愛の流刑地」などで知られる作家・渡辺淳一氏(73)の短編小説「泪壺(なみだつぼ)」が映画化されることになり、女優..
Weblog: DHOHO
Tracked: 2007-06-29 15:17

カミさんなんかこわくない はもう一度見たいドラマです
Excerpt: アグネス・チャン(HP) 芸名 アグネス・チャン
Weblog: SUGGBKLO
Tracked: 2007-06-29 16:05

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-06-30 17:19
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。