2007年06月30日

妻夫木聡が初舞台…野田秀樹演出作品で広末と競演

妻夫木聡が初舞台…野田秀樹演出作品で広末と競演 人気俳優の妻夫木聡(26)が舞台初出演、初主演することが29日までに分かった。演出家で俳優の野田秀樹氏(51)が作・演出を手がける「キル」で、12月〜来年1月に東京・渋谷Bunkamuraシアターコクーンで上演。共演は女優・広末涼子(26)らで、広末は結婚後初の長期舞台出演となる。

 1998年のデビューから10年目、妻夫木が待望の初舞台を踏む。

 「キル」は人気演出家の野田秀樹氏が作・演出。モンゴルの英雄・ジンギスカン(テムジン)の戦いを、ファッション戦争に見立てた作品。羊の国の息子として生まれた主人公・テムジンが、祖先の名をとってブランドにした「蒼き狼」の制服を世界に広げていき、偽ブランド「蒼い狼」と最後の戦いを繰り広げる展開。

 94年に野田氏の企画・製作会社「NODA・MAP」の第1回公演として、堤真一(42)主演で初演され人気に。97年にも堤主演で再演されており、今回は10年ぶりの再演となる。

 映画では01年の「ウォーターボーイズ」を始め、最近では「涙そうそう」「どろろ」など、主演作で次々とヒットを記録している妻夫木。スター性もさることながら、自然体の演技も高く評価されている。現在も主演の「憑神」が公開されたばかりで、長らく映像での仕事が続いていたが、デビュー10年目の節目で初舞台となった。

 恋人のシルク役には、広末涼子が決定。妻夫木とは05年のドラマ「スローダンス」で共演しており、今回が2度目。広末は03年につかこうへい氏演出の「飛龍伝」出演中に妊娠・結婚を発表したが、長期の舞台はそれ以来だ。シルク役は、94年は羽野晶紀(38)、97年は深津絵里(34)が演じている。まだ演出の詳細は未定だが、ほかに高橋惠子、小林克也、勝村政信、高田聖子、山田まりやらが共演する。

(2007年6月30日06時00分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070630-OHT1T00025.htm


タグ:妻夫木聡
posted by ぴか at 09:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-06-30 12:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。