2007年07月05日

あの名作の続編は「美しい日本」で「涙腺ゆるむ」

2005年11月に公開され、日本アカデミー賞13部門のうち12部門で最優秀賞を受賞した映画ALWAYS 三丁目の夕日』。興行収入は35億円にもなりました。

ワタシは・・実は・・映画ALWAYS 三丁目の夕日』に、実は退屈してしまったのですが(@_@;) 、我が家のピカパパは大好きな映画のようです。

その『ALWAYS 三丁目の夕日』の続編が製作されています

映画ALWAYS 続・三丁目の夕日』製作報告会が4日(水)、日本橋のプラネタリウム跡地で行われました。吉岡秀隆さん、堤真一さん、小雪さん、堀北真希さんらお馴染みの出演者が勢ぞろいしました。

映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』のプロモーション映像を鑑賞した堤真一さんは「音楽が流れるだけで涙腺ゆるむ」と笑顔で、今と昔の家族の絆について「こういう映画を観て涙したというのは、人間って根本的に変わらないなと思う」とお話しされたそうです。

また、ALWAYS三丁目の夕日」で青森から集団就職でやってきた六子ちゃんを演じて、新人俳優賞となった(唯一、「ALWAYS三丁目の夕日」で最優秀賞になってないんです)堀北真希さんは「続編撮影と聞いて、今までにないプレッシャーを感じた。前作はたくさんの人にいい評価をもらった。前回より勝てなかったら、何も成長していないと思って、前向きな気持ちで望めました」と撮影当時の心境を語り、さらに「今は何でも便利な物がある。でも、それがあって当たり前と思ってはいけない。何も無いところから今があるとわかってくれれば」とメッセージを送りました。

映画ALWAYS 続・三丁目の夕日」は現在、CG作業中、11月3日公開予定です。

映画ALWAYS 続・三丁目の夕日』☆http://www.always3.jp/

映画ALWAYS 三丁目の夕日』☆原作は漫画『三丁目の夕日』。昭和33年(1958年)の東京の下町を舞台とし、夕日町三丁目に暮らす人々の暖かな交流を描く感動ドラマ。
日本アカデミー賞の13部門の内12部門で最優秀賞を獲得

あの名作の続編は「美しい日本」で「涙腺ゆるむ」7月5日6時31分配信 オリコン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070704-00000010-oric-ent


posted by ぴか at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ALWAYS 続・三丁目の夕日
Excerpt: (C)2007「ALWAYS 続・三丁目の夕日」製作委員会 2005年11月に公開され、異例のロングラン、興行収入、観客動員を記録した「ALWAYS 三丁目の夕日」。日本アカデミー賞など各映画..
Weblog: OL@ランダム
Tracked: 2007-10-25 16:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。