2007年07月11日

ミートホープ自己破産へ

生協で販売していた牛肉100パーセントコロッケが・・実は・・豚肉が混ざっていた・・という問題から始まって・・

鶏や羊の血も混ぜていたとか、雨水で解凍していたとか・・従業員をあっさり解雇してしまったりとか・・社長の奥さんの退職金が8000万円だったとか・・もう、唖然とする事実が次々と話題になっていた食肉製造加工会社ミートホープ(北海道苫小牧市)

そのミートホープの田中稔社長は、10日、近く裁判所に、同社と田中社長の自己破産を申請する方針を明らかにしたそうです。
ミートホープ田中社長は同日の労使交渉後、報道陣に「損害賠償の件や支払いができなくなった件もあり、私の資産をなげうっても足りない。破産の手続きをしなくてはいけない」と話しました。申請期日については「できるだけ早く」としているそうです。
 
ミートホープ田中社長は、「多大なご迷惑をおかけしたことに対し、深く反省している」と謝罪し、「長年の経験や過信が誤った大きな原因。何でももったいないという気持ちがあった」と語りました。


最終更新:7月10日22時36分http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070710-00000412-yom-soci

雨水で食肉解凍の疑い、ミートホープ社を保健所が調査
<豚肉混入ミンチ>ミートホープに強制捜査 
<豚肉混入ミンチ>賞味期限切れ間近の冷凍コロッケも転売
<豚肉混入ミンチ>社長、指示認める「7、8年前から」:
「豚肉混入は日常的」「社長の指示」パート従業員が証言
<豚肉混入ミンチ>JAS法違反で立ち入り検査へ 農水省 :


posted by ぴか at 04:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

精肉石川屋の石川里美が食肉偽装
Excerpt: 仙台市の精肉石川屋の元社長、石川里美が学校給食センタ ーに外国産の豚肉を国産と偽って納入していました。
Weblog: とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!
Tracked: 2008-12-05 11:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。