2007年07月12日

獅童「私は貝になりたい」主演!離婚騒動後は初

獅童「私は貝になりたい」主演!離婚騒動後は初 歌舞伎俳優の中村獅童(34)が、日テレ系・終戦記念ドラマ「真実の手記 BC級戦犯加藤哲太郎 私は貝になりたい」(8月24日・後9時)で主演することが11日、発表された。獅童のドラマ主演は、昨年11月の竹内結子(27)との離婚騒動後初めて。05年8月のフジテレビ系「実録・小野田少尉 遅すぎた帰還」以来、約2年ぶりとなる。

 「私は貝になりたい」は、58年に故・フランキー堺さん主演でドラマ化され、08年冬公開で映画化も決定しているが、共に匿名の手記を基に脚色したフィクションドラマだった。が、今回は原作者・加藤哲太郎さんの手記「狂える戦犯死刑囚」を忠実に再現。終戦後、身に覚えのない罪を背負って生きた加藤さんが「生きたい」という心の叫びで絞首刑から釈放を勝ち取った真実を描いた作品になっている。

 離婚騒動後、心の叫びを抱きながらも沈黙を貫いている獅童にとっては、今の心境にも当てはまる作品。久々の主演作に「役者冥利(みょうり)に尽きる素晴らしい役を頂き、うれしさをかみ締めています」とコメント。また「男たちの大和/YAMATO」(05年)など、戦争を題材にした作品への出演が続いているが「いま生かされている意味を熟慮し、戦争を知らない世代の方にも何かを感じてもらいたい」。自らの逆境もはねのけ、ドラマでも必死に生きるさまを演じるつもりだ。共演に飯島直子(39)、優香(27)ら。
(2007年7月12日06時01分 スポーツ報知)http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070712-OHT1T00076.htm


タグ:中村獅童
posted by ぴか at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。