2007年07月13日

風4号、沖縄に接近=梅雨前線活発、西日本も大雨−災害対策省庁会議で警戒強化

台風が近づいています
沖縄は昨日(12日)午後から暴風雨にみまわれています。
(ワタシの勤め先の社長は、先週が沖縄旅行で晴天だったらしーー。運がいいですー)

13日には西日本の太平洋側、14日は、西、東日本の広域で大雨になると予報が出ています。

予報は刻々と変わります。
3連休もありますし、天気予報がとても気になるところです。

また特に九州では長雨が続いており、災害等とても心配です。

風4号、沖縄に接近=梅雨前線活発、西日本も大雨−災害対策省庁会議で警戒強化
7月12日20時33分配信 時事通信

 大型で非常に強い台風4号は12日午後、沖縄の南海上を発達しながら北北西に進んだ。同日夜遅くに沖縄本島の中南部が暴風域に入り、13日朝にかなり接近、14日には九州南部に近づく見込みで、気象庁は暴風や大雨、高波に厳重な警戒を呼び掛けた。梅雨前線の活動も活発化し、13日は西日本の太平洋側、14日には西・東日本の広域で大雨となる恐れがある。
 九州や四国、近畿、東海の太平洋側では、5日から大雨が続いており、2人が河川に転落して死亡したほか、住宅や道路などの被害も拡大。政府は12日夕、災害対策関係省庁連絡会議を開き、土砂災害などの警戒監視体制や避難対策を確認するとともに、被害が大きかった熊本県美里町に13日、政府調査団(団長・平沢勝栄内閣府副大臣)を派遣することを決めた。
 気象庁によると、台風4号は12日午後9時現在、那覇市の南約300キロの海上にあり、時速25キロで北北西に進んだ。中心気圧は930ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル。中心から北東側の半径260キロ以内と、南西側の同220キロ以内が、25メートル以上の暴風域となっている。
 13日午後9時には鹿児島県奄美市の西南西約200キロ、14日午後9時には四国沖、15日午後9時には関東の東に達する見込み。 

最終更新:7月12日23時1分http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070712-00000171-jij-soci


posted by ぴか at 05:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。