2007年07月13日

観月ありさ「緊張感すごい」

観月ありささん(30)が「歌の翼にキミを乗せ」(杉田成道演出)で、初舞台を踏みます。

観月ありささんは「ナースのお仕事」や「鬼嫁日記」等、たくさんのテレビドラマや映画に出演・・でも舞台は始めてとかで、緊張しているようです

観月ありささん初舞台「歌の翼にキミを乗せ」は東京・新国立小劇場で12日から8月2日まで。

共演は西村雅彦(46)さん、安田顕(33)さん

安田顕さんはドラマ「ハケンの品格」派遣会社マネージャー・一ツ木 役が抜群に面白かったし、今週スタートの「ホタルノヒカリ」にも出てきていました

観月ありさ「緊張感すごい」
初舞台で迫真の演技を見せる観月ありさ。
 女優の観月ありさ(30)が12日、東京・初台の新国立劇場小劇場で「歌の翼にキミを乗せ」(杉田成道演出)の公開げいこを行った。

 「シラノ・ド・ベルジュラック」から発想を得た、太平洋戦時下の純愛物語。紅一点で初舞台に挑む観月は「緊張感がすごい。スポットライトを浴びて、新しい感覚の中で芝居をしているので楽しい」と充実した表情。

 劇中では、タイプの違う2人の男性から愛される役柄。「ストレートな方は好きですね。計算がない感じで、分かりやすくて」と自身の恋愛観にもダブらせていた。同公演は12日〜8月2日。共演は西村雅彦ら。
(2007年7月13日06時02分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070713-OHT1T00069.htm

紅一点!観月ありさ 抱擁シーン熱演
ttp://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/07/13/04.html
「歌の翼にキミを乗せ」は
 純愛小説の原点といわれるエドモン・ロスタンの傑作「シラノ・ド・ベルジュラック」を太平洋戦争の悲劇に置き換えた感動作。相手役の西村雅彦(46)安田顕(33)との抱擁シーンもあり「男の人ばかりの出演者の中で紅一点なので、純愛の部分を一生懸命演じきりたい」とヤル気満々。

 物語のキーになる恋文について「筆マメな男性はタイプ。お手紙の字ひとつにも人柄が見えていいですね」と明かした。同所で22日まで。大阪公演は25、26日、札幌公演は8月1、2日に行う。
[ 2007年07月13日付 スポニチ Sponichi Annex ニュース 芸能 ]


posted by ぴか at 08:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。